Page tree

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

このリリースでは、以下の拡張がありました:

API テストのテスト影響度分析

SOAtest の API テストでテスト影響度分析 (TIA: Test Impact Analysis) 機能を活用できるようになりました。TIA は、自動テスト実行環境での使用を目的として設計されており、テスト対象アプリケーションのカバレッジ データを分析し、アプリケーションの変更によって影響を受けたテストを特定します。そして、TIA 出力を使用して、SOAtest は変更の影響を受けるテストのみを自動実行します。

詳細については「テスト影響度分析」を参照してください。

SOAtest Smart API Test Generator が Parasoft Recorder に名称変更

この名称の変更は、「API 呼び出しをキャプチャするツール」から「UI アクションを記録する機能を含む、より堅牢なサービス」へのユーティリティの進化を反映しています。記録されたアクションは、Parasoft Selenic を使用して Selenium テストに変換することができます。

新しい機能の使用方法については「Parasoft Recorder」を参照してください。

Smart API Test Generator での Salesforce Lightning のサポート

SOAtest Smart API Test Generator は、Salesforce Lightning プラットフォームで作成されたアプリケーションのブラウザー インタラクションから API テストをすばやく作成できるようになりました。 

詳細については「Smart API テスト生成の設定」を参照してください。

Data Repository CRUD Tool の更新

ネイティブ CRUD ツールのフォーム JSON エディターを使用して JSON ペイロードを編集できるようになりました。

詳細については「Data Repository CRUD Tool」を参照してください。

仮想サービス応答条件の大文字/小文字の無視

仮想サービスのメッセージ レスポンダー応答条件を構成するときに、次の要素の大文字/小文字の区別を無視するモードで Virtualize を開始できるようになりました:

  • URL パス 
  • レスポンダー応答条件ボディ
  • レスポンダー応答条件データ

CTP での仮想アセットの変数セット定義 

仮想アセット内で参照する変数セットを定義できるようになりました。変数セットを使用すると、環境が変化したときに、仮想アセットに関連付けられた依存コンポーネント、エンドポイント、またはプロキシを手動で更新する必要がなくなります。変数セットの値を更新することにより、変数を使用する仮想アセットを自動的に更新できます。仮想アセットを再利用し、アクティブな変数セットを変更して、さまざまな環境をすばやく有効にすることもできます。

CTP でのユーザー管理用の設定可能なログイン ポリシー

CTP の管理モジュール (PSTSec) に、失敗したログイン試行に対応するためのポリシーを構成する機能が含まれるようになりました。 

Project Center の終了

DTP/Concerto に同梱されている Project Center モジュールは、サポート終了 (EOL) フェーズを迎え、DTP 5.4.2 で削除されました。Project Center への接続はサポートされなくなりました。 

その他のアップデート

  • データソース応答条件の大文字と小文字の区別を無視するモードで仮想化を開始する機能が追加されました。
  • トラフィック ビューアー、JSON アサーション、データバンク、および REST URL ビューに、解決された変数値を非表示にする機能が追加されました。
  • コマンドラインで SOAtest を実行するときに見つからないリソースを無視する機能が追加されました。
  • 親テスト スイートから複数の回帰コントロールを作成するためのサポートが追加されました。
  • HTTP リスナー ポートを動的に設定する機能が追加されました。
  • ユーザー管理およびネットワーク ライセンス サーバーへの安全なアクセスが実装されました。
  • イベント ビューアーに、圧縮解除されたペイロードが表示されるようになりました。
  • Virtualize REST API が拡張され、受信リクエストを XML に変換できるようになりました。これにより、レスポンダー応答条件をプログラム的に設定できます。
  • Load Test スクリプト ファイルは、UTF-8 文字エンコーディングで保存しなければならなくなりました。スクリプトの実行で問題が発生した場合は、正しいエンコーディングが使用されていることを確認してください。
  • IP アドレスが CTP 管理の [ユーザー アカウント] ページで記録されるようになりました。
  • フォーム JSON ビューでデータソース値を要素に投入する機能がサポートが追加されました。
  • コンソールのデバッグ情報が改善されました。コンソールは、Parasoft システム プロパティの情報と、パフォーマンス サーバーの最適な実行を妨げる構成に関する情報をレポートするようになりました。  
  • CTP のジョブ検索エンジンが改良されました。 

解決済みの PR/FR

ID説明
CTP-4506テスト データのカスタム セパレーターが使用されている場合に、CSV ファイルから誤ってデータセットが作成される
CTP-4507ユーザーのログイン IP アドレスをデータベースに保存
CTP-4521仮想アセットの変数セットのサポートを追加
CTP-4538データ ジェネレーター ツールが、変更なしで保存または破棄をポップアップする
CTP-4548ファイル名だけをチェックすることで、テスト シナリオの検索を最適化する
CTP-4551到達できないデータ リポジトリ データソースを持つ仮想アセットを開くのに 1 分以上かかることがある
CTP-4556ユーザー管理およびネットワーク ライセンス サーバーへの安全なアクセス
CTP-4557Safari Web ブラウザーで CTP ジョブにテスト シナリオを追加するとき、"QA" という名前の環境は省略記号として表示される
CTP-4559EM プラグインを使用した Jenkins のジョブが 5 時間以上にわたって実行状態のままになる
CTP-4560イベント監視からリクエストとレスポンスの詳細を取得できない
CTP-4578新しい TST をジョブに追加すると、JSON エラーで保存に失敗する
SOA-10645多数の違反をレポートする場合に SOAtest がクラッシュする
SOA-11001XML Data Bank の要素の値が空の場合、任意のエラー オプションでシナリオが中断する
SOA-11778フォーム XML - 固定トラフィック ウィザードの入力時にテキスト ノードから空白が削除される
SOA-11840XML 数値差分アサーションのパラメータライズされた値に対して検証ボタンが機能しない
SOA-11849GC オーバーヘッドの制限を超えたため、サーバーが応答しなくなった
SOA-11861ドキュメントを更新し、Mac インストール用の Eclipse プラグインを推奨
SOA-11866データ グループ データソースに追加された新しい列が表示されない
SOA-11881JSON アサーターが要素全体を XML として抽出する
SOA-11891一部のフィールドで変数がアルファベット順でない
SOA-11996SOAVirt WAR で使用される重要度の高い脆弱なサード パーティの依存関係をアップグレード
SOA-11999親テスト スイートからの複数の回帰コントロールの作成をサポート
VIRT-3147http 内部 URL を使用する転送ツールがレスポンス ヘッダーを送信しない
VIRT-3148受信リクエストに添付されたデータ ジェネレーター ツールが、前の手順でキャプチャされたデータソース値を認識しない
VIRT-3157メッセージ プロキシがカスタム メソッドで HTTP リクエストを受け入れない
VIRT-3167JSON メッセージ トラフィックを使用して PVA を生成すると、別々のデータセットに間違った名前の列が作成される
VIRT-3205Data Learning Tool でリポジトリを更新すると、新しいレコード タイプが作成され、古いレコード タイプの関連付けが変更される
VIRT-3212認証時にユーザーのリモート アドレスを CTP に送信する
VIRT-3220API 呼び出しで受信リクエストの変換をオンにするオプションを有効にするために、Virtualize Server の REST API を拡張
VIRT-3222CRUD ツールを使用した Virtualize サーバーでのパフォーマンスの低下
VIRT-3224java.library.path エラーに xtest がなく、War インストールでマシン ID として SOL-0
VIRT-3225SOAVirt WAR で使用される重要度の高い脆弱なサード パーティの依存関係をアップグレード
VIRT-3226記録されたトラフィックから作成された PVA が Null になる
VIRT-3311StubService wsdl が https 経由で利用できない
VIRT-3315データ リポジトリ テーブル エディター - パフォーマンスを支援するために "identity" をキャッシュ
VIRT-3379メッセージ プロキシが URL でセミコロン (;) をアンパサンド (&) に変更する



最新リリースの情報については https://docs.parasoft.com/display/SOAVIRT9108CTP314/Release+Notes を参照してください。



  • No labels