このセクションの内容:

API トラフィックの記録

  1. まだ実行中でない場合は、SOAtest Web Proxy を開始します。「Web Proxy の開始」を参照してください。
  2. テストを生成したいアプリケーションを参照して Parasoft アイコンをクリックします。
  3. [API Traffic for Parasoft SOAtest] オプションを有効にし、[Start Recording] をクリックします。[API Traffic for Parasoft SOAtest] オプションと [UI Actions for Parasoft Selenic] オプションの両方を有効にすることで、UI アクションと API トラフィックを同時に記録できます。 アプリケーション タイプの設定は、API トラフィックの記録には影響しません。 
  4. テスト シナリオを実行します。
  5. 終了したらロゴをクリックして [Stop Recording] を選択します。
  6. API テスト シナリオの実行中に UI アクションをキャプチャするように Parasoft Recorder を構成した場合、最初にキャプチャの保存を求められます。Recording UI Actions を参照してください。 
  7. プロンプトが表示されたら、テスト情報を指定します。テスト名はユニークでなければなりません。要求/欠陥トラッキング システム内の成果物とテストを関連付けることもできます。 
  8. 準備ができたら [テスト アセットの作成] をクリックするか、[記録の破棄] をクリックしてテスト ファイルを生成せずにテスト作成ウィンドウを終了します。
  9. Parasoft Recorder が記録済みのトラフィックの処理を終了すると、CTP の API Testing モジュールでテストを確認するよう求められます。SOAtest は、内部ヒューリスティックと、Smart Test Template (.stt) の一致ルールを使用してトラフィックを処理し、テストを生成します。詳細については「Smart API テスト生成の設定」を参照してください。
     
  10. テストは TestAssets/users/<username> ディレクトリの下、CTP ユーザー名に基づいて作成された /users/<username> サブディレクトリに表示されます。

    SOAtest の テスト ケース エクスプローラーでもテストを参照できます。
     
    Parasoft Recorder と SOAtest のローカル インスタンスを連携して使用している場合、テストは TestAssets/users/anonymous ディレクトリに表示されます。

SOAtest サーバーのワークスペース内にある .tst ファイルの隣に recorded_traffic フォルダーが作成され、このフォルダーにトラフィック ファイルがアップロードされます。記録されたトラフィック ファイルを使用して、スマート テスト トラフィック ウィザードで新規テストを作成したり (「トラフィックからの Smart API テストの作成」を参照)、Smart Test Generator のトレーニングを行うことができます (「Smart API テスト生成の設定」を参照)。

UI アクションの記録

  1. テストを生成したいアプリケーションを参照して Parasoft アイコンをクリックします。
  2. [UI Actions for Parasoft Selenic] オプションを有効にし、アプリケーション タイプとして GeneralSalesforceGuidewire のいずれかを選択します。アプリケーション タイプを指定すると、特定のアプリケーションのロケーター ストラテジが最適化されます。アプリケーションが Salesforce または Guidewire アプリケーションではない場合、General を選択します。  [UI Actions for Parasoft Selenic] オプションと [API Traffic for Parasoft SOAtest] オプションの両方を有効にすることで、UI アクションと API トラフィックを同時に記録できます。  
  3. [Start Recording] をクリックしてテスト シナリオを実行します。
  4. 終了したらロゴをクリックして [Stop Recording] を選択します。
  5. キャプチャしたアクションに関する情報を指定します。デフォルトでは、アプリケーション ドメインと、記録がいつ開始されたかを示すタイムスタンプがテスト名に使用されます。説明は、テストが意図しているユーザー エクスペリエンスを他のユーザーが理解するのに役立ちます。要求/欠陥トラッキング システム内の成果物とテストを関連付けることもできます。Selenic で Selenium テストを生成するためにファイルが使用される場合、すべてのテスト情報が Javadoc コメントとして追加されます。 
  6. [Download Recording] をクリックしてファイルを保存します。 
  7. UI テストの実行中に API トラフィックに対して Parasoft Recorder を構成した場合、UI アクションを保存した後、API テストを保存するように求められます。「Recording API Traffic」を参照してください。 

記録された UI アクションを Seleenic プラグインを有効にした IDE にインポートして、Selenium テストを作成できます。次のステップの詳細については「Parasoft Selenic」を参照してください。

要素テキストのアサート

アクションを記録するときに、UI 要素のテキストにアサーションを記録できます。アサーションは、Parasoft Selenic で作成された Selenium テストに追加されます。詳細については Selenic のマニュアルを参照してください。

  1. UI テスト セッションを開始し、Parasoft アイコンをクリックして Parasoft Recorder アクションを開きます。
  2. [Assert Text] をクリックしてアサーション モードに入ります。
  3. ポインタが十字に変わり、十字にカーソルを合わせると輪郭が描かれます。
  4. 要素をクリックして、アサーションをキャプチャします。
  5. [Assert Text] ダイアログで [Confirm] をクリックし、アサートされた値を受け入れます。[値] フィールドのテキストを変更することもできます。アサーション用に選択されたロケーターが [ロケーター] フィールドに表示されます。  [キャンセル] をクリックして、テキストをアサートせずにアサーション モードを終了することもできます。
     
  6. テスト セッションを完了し、Recording UI Actions の説明に従って記録をダウンロードします。

UI テストでのアサーションについては、Selenic のドキュメントを参照してください。