Parasoft Recorder は、Web アプリケーションとのやり取りの最中に API 呼び出しとユーザー アクションを記録できます。API トラフィックを、CTP または SOAtest デスクトップで拡張/実行できる API テストに変換できます。記録されたユーザー アクションをダウンロードし、Parasoft Selenic を使って Selenium テストに変換できます。このセクションの内容:

概要

Parasoft Recorder には次のコンポーネントが含まれています:

システム要件

このセクションでは、Parasoft Recorderコンポーネントと関連機能の要件について説明します。 

ブラウザー拡張機能

SOAtest Web Proxy

API テストの生成 

Selenium テストの作成と管理

ライセンス

Parasoft Recorder は自由にダウンロードしてインストールできますが、SOAtest の API テスト生成機能または Parasoft Selenic の Selenium テスト作成および管理機能を使用するには、有効なライセンスが必要です。ライセンス情報の詳細については、Parasoft 製品カスタマーセンター ([email protected]) にお問い合わせください。 

API テストのライセンス

トラフィックを記録してテストを生成するには、SOAtest の Advanced Test Generation ライセンス機能が必要です。以下のライセンス オプションを設定できます。

Selenium テストのライセンス

ライセンスの詳細については、Parasoft Selenic ドキュメント を参照してください。

インストール

Windows の場合は parasoft_recorder_<version>_win32.exe ファイルを、Mac OS の場合は parasoft_recorder_<version>_macos.dmg ファイルを実行します。セキュリティのため、Mac OS が .dmg ファイルを実行できない場合、ファイルを右クリックして [Open With] > [Installer] を選択します。 

ウィザードに従ってインストールを完了します。インストーラーの使用で問題が発生した場合は、「手動インストール」を参照してください。   

Windows へのインストール時、Parasoft SOAtest Web Proxy を Windows サービスとしてインストールするかどうか確認されます。サービスとしてインストールすると、Windows のスタートメニューの下にある SOAtest Web Proxy コンソールのほか、Windows のコントロール パネルにあるサービス コンソールを使用してプロキシを開始および停止できるようになります (「Web Proxy の開始」を参照)。また、実行可能 Jar ファイルを実行して、手動でプロキシを開始することもできます (「手動での Web Proxy の開始」を参照)。

Windows および Mac 版のインストーラーは、Google Chrome ストアから Parasoft Recorder をインストールするよう指示します (表示は Windows 版)。Google Chrome ストアへのアクセスが許可されていない場合、またはインストーラー実行時に問題が発生した場合は「手動でのインストール」を参照してください。   

Parasoft Root Certificate Authority が検出されなかった場合、インストールするよう指示されます。CA は HTTPS 上でトラフィックを記録するために必要です。通常、SOAtest/Virtualize デスクトップ アプリケーションに伴って CA がインストールされます。手動で CA を追加することもできます (「Parasoft Root Certificate Authority のインストール」を参照)。

Mac OS へのインストール時、マシンにログインしたときに毎回、自動的に Web Proxy を開始するよう設定できます。

インストールが完了した後も、[System Preferences] > [Users & Groups] > [Login Items] の設定でインストールWeb Proxy の自動開始を有効または無効にできます。

鍵アイコンをクリックすると、Apple developer ID certificate authority (CA) を参照できます。証明書は、Apple デバイス用のソフトウェアの信頼された供給元として Parasoft を証明します。

インストール完了後、Chrome を起動すると、拡張機能を有効化するよう求められます。 

このアクションは、拡張機能をアンインストールしてブラックリストに追加します。結果として、拡張機能を自動的にインストールまたはアップデートできなくなります。自動インストールされた拡張機能を復元するには、Chrome をアンインストールして再インストールする必要があります。

インストーラーは、インストール完了時に Parasoft SOAtest Web Proxy を開始するかどうか確認します。プロキシを開始せずにインストールを終了することを選択した場合、必要なときにプロキシを開始する方法 (「Web Proxy の開始」) を参照してください。プロキシが実行中の場合、次のステップは「ブラウザー拡張機能の設定」を参照してください。拡張機能を使用する前に SOAtest サーバーが実行されている必要があります。

ブラウザー拡張機能およびプロキシのアンインストール

ツールを完全にアンインストールするには、Windows のコントロール パネルで通常の Windows プログラムのアンインストーラーを使用します。Mac OS 版のインストーラーには、Uninstall Parasoft Recorder Generator ユーティリティが付属しています。ツールを完全にアンインストールするには、このユーティリティを実行します。Mac OS のユーティリティは、Applications/Parasoft フォルダーにあります。

手動でのインストール

次の手順は、インストーラーが使用できない場合に、手動で Parasoft Recorder コンポーネントをインストールする方法を説明しています。

  1. TrafficRecordingExtension.zip をダウンロードします (Parasoft 製品窓口にお問い合わせください)。
  2. 圧縮フォルダーのコンテンツをマシンの任意の場所に展開します。Parasoft SOAtest Web Proxy を実行するのに、その他のものをインストールする必要はありません。
  3. Chrome ブラウザー ウィンドウを開き、拡張機能ページ (chrome://extensions) を開きます。
  4. [デベロッパー モード] オプションをオンにし、[パッケージ化されていない拡張機能を読み込む] をクリックします。
  5. [TrafficRecordingExtension_INSTALL]/chrome-extension ディレクトリを参照し、選択して拡張機能をインストールします。ツールがブラウザー バーに表示されます。

API トラフィックを記録できるようにするには、Parasoft SOAtest Web Proxy および SOAtest サーバーが実行されている必要があります (「Web Proxy の開始」を参照)。SOAtest サーバーが実行されており、デフォルトの設定を使用してプロキシが開始されている場合、拡張機能を使用してトラフィックを記録できます。トラフィックを記録する対象の Web アプリケーションが起動している場合、「Parasoft Recorder の使用方法」を参照してください。ブラウザー拡張機能をインストールした後に、Parasoft SOAtest Web Proxy および SOAtest サーバーへの接続も設定する必要があります。 

Parasoft Root Certificate Authority のインストール

HTTPS トラフィックを記録するには、Parasoft Root Certificate Authority を信頼された証明書としてインストールする必要があります。証明書認証局がインストールされていない場合、ブラウザーは接続がセキュアであるとみなさないため、接続を拒否する場合があります。

Windows

通常、Parasoft Root Certificate Authority は SOAtest Windows インストーラーまたは Parasoft Recorder インストーラーによって自動的にインストールされます。必要であれば、-installcertificate オプションを指定して soatestcli を実行することで、手動で証明書をインストールすることもできます。例:

soatestcli -installcertificate

ローカル マシンに SOAtest がインストールされていない場合、Chrome に手動で証明書を追加できます。

  1. Chrome の設定ページを開き (chrome://settings)、[詳細設定] セクションを展開します。
  2. [プライバシーとセキュリティ] セクションの [証明書の管理] をクリックします。 
  3. [証明書] ダイアログの [信頼されたルート証明機関] をクリックします。  
  4. [インポート] をクリックし、証明書のインポート ウィザードが開いたら [次へ] をクリックします。 
  5. [TrafficRecordingExtension_INSTALL]/parasoft.cer ファイルを参照し、[次へ] をクリックします。
  6. ウィザードによって証明書が信頼されたルート証明機関フォルダーに配置されたのを確認し、[次へ] をクリックします。
  7. [Finish] をクリックし、プロンプトが表示されたら Parasoft Root Certificate Authority の追加を承認します。

Mac OS 

  1. Chrome の設定ページを開き (chrome://settings)、[詳細設定] セクションを展開します。
  2. [プライバシーとセキュリティ] セクションの [証明書の管理] をクリックします。Keychain Access アプリケーションが開きます。 
  3. Keychains の下の [login] を選択し、Category の下の [Certificates] を選択します。
  4. [File] > [Import items] をクリックし、 parasoft.cer in the [TrafficRecordingExtension_INSTALL] ディレクトリを選択します。
  5. Parasoft Root Certificate Authority が表示されたら右クリックして [Get Info] をクリックします。
  6. [Trust] セクションを展開して [When using this certificate] ドロップダウン メニューから [Always Trust] を選択します。
  7. 設定を保存するよう求められたら、認証情報を入力します。

Web Proxy の開始

Parasoft Web Proxy を Windows サービスとしてインストールした場合、SOAtest Web Proxy コンソールを使用してプロキシを開始および停止できます。 

  1. Winodws スタート メニューから [SOAtest Web Proxy] を選択するか、デスクトップ アイコンをダブルクリックします (インストール時にデスクトップにアイコンを配置することを選択した場合)。
  2. [全般] タブの [開始] をクリックします。

デフォルトでは、Web Proxy API はポート 40090 で開始されます。API トラフィックの記録に使用されるプロキシ ポートは、ポート 40443 から空きポートをスキャンして割り当てられます。Web Proxy コンソールでプロキシを開始するとき、ポート番号やその他のオプションを指定できます。詳細については「Parasoft Recorder の詳細設定」を参照してください。

プロキシをシャットダウンするには、コンソールを開いて [停止] をクリックします。  

Mac OS では、Web Proxy は Applications/Parasoft フォルダーにあります。

手動での Web Proxy の開始 

Web Proxy は Jar ファイルであり、次の java コマンドを使用して実行できます。

%INSTALLDIR%/jre/bin/java -jar com.parasoft.traffic.proxy.jar

Parasoft Recorder には Java インスタンスが付属していますが、すでにシステムにインストール済みの Java 8 以降の Java を使用することもできます。

デフォルトでは、Web Proxy API はポート 40090 で開始されます。記録に使用されるプロキシ ポートは、ポート 40443 から空きポートをスキャンして割り当てられます。プロキシ開始時にシステム プロパティを設定してポート番号やその他のオプションを指定できます。詳細については「Parasoft Recorder の詳細設定」を参照してください。

Web Proxy のバージョンの確認

バージョン番号をコマンドラインに出力するには、--version 引数 (短縮形 -v) を付けて Jar ファイルを実行します。例:

%INSTALLDIR%/jre/bin/java -jar com.parasoft.traffic.proxy.jar --version

バージョン番号は、Parasoft Recorder の問題をトラブルシュートする際に役立つことがあります。

この引数を付けて Jar を実行すると、プロキシはバージョンをレポートするだけで、プロキシは開始されません。 

詳細については「Parasoft Recorder の詳細設定」を参照してください。

ブラウザー拡張機能の設定

  1. Parasoft アイコンを右クリックして [オプション] を選択すると、オプション設定が開きます。chrome://extensions ホームページで [オプション] リンクをクリックしてオプションを設定を表示することもできます。
  2. プロキシ API のポート (「Parasoft Recorder の詳細設定」を参照) および SOAtest サーバーの接続設定を指定します。



    HTTPS 経由で SOAtest と通信するには、[セキュア (HTTPS)] オプションを有効にします。 
  3. [接続のテスト] をクリックして設定を検証し、接続が成功したら [保存] をクリックします。