Page tree

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

このセクションでは、SOAtest Web サービス API からテストを実行する方法について説明します。

このセクションの内容:

関連 API

このセクションで説明する SOAP ベースの API は、テスト アセットの管理、デプロイメント、および実行に特化しています。

REST API (「REST API によるテスト」の説明を参照) は、アセットの作成および更新に関する操作に特化しています。

前提条件

  • Web サービス API を使用するには、 SOAtest Automation Edition が必要です。
  • Web サービス API からテストを実行する前に、プロジェクト、 .tst ファイル、テスト スイートを設定する必要があります。詳細については、「プロジェクト、.tstファイル、テスト スイートの追加」を参照してください。

Web サービス API とは

SOAtest の Web サービス API は、Web サービス クライアントが SOAtest が起動しているリモート マシン上でテストを実行できるようにします。 Web サービス モードは SOAtest の Automation Edition で利用可能です。次のように、 SOAtest を Web サービス モードで起動します。

soatestcli -startServer -data <workspace_dir> -localsettings <localsettings_file>

-data 引数と -localsettings 引数の指定は任意です。

  • -data は、テスト ケース (.tst ファイル) を格納している Eclipse ワークスペースの場所を指定します。 
  • -localsettings は、ライセンス パスワードや Team Server の設定といった、特定のグローバル設定の管理に使用するプロパティ ファイルを指定します。これらのコマンドライン オプションについての詳細は、「Testing from the Command Line Interface - soatestcli」を参照してください。

この方法で SOAtest を起動するには、[起動時にライセンスを無効にし、アイドル時に自動的に開放する] オプションがオフである必要があります。このオプションは、[Parasoft] メニュー > [設定] > [Parasoft] > [ライセンス] で設定します。オプションがオフでない場合は、別の場所にインストールした SOAtest の GUI からこのサーバーを追加できません。SOAtest Web サービスは、 WSDL 文書で表現されます。 SOAtest がサーバー モードで実行されているとき、WSDL は http://localhost:9080/axis2/services/SOAtestService?wsdl にあります。 WSDL は Web サービス クライアントの生成に使用できます。ほとんどの Web サービス プラットフォームは、 WSDL 文書から Web サービス クライアントを生成できます。

オペレーション

Web サービスには 3 つの主要なオペレーションがあります。

  • startTestExecution: 1 つ以上のテストを実行します。
  • getExecutionStatus: SOAtest サーバーで開始されたテスト実行のステータスを取得します。
  • getResult: SOAtest サーバーで開始されて終了したテスト実行の結果を取得します。

これらのオペレーションおよび他の利用可能なオペレーションの詳細については、(SOAtest がサーバー モードで実行中のときに) http://localhost:9080/axis2/wsdl-docs/SOAtestService.wsdl.xml を参照してください。


  • No labels