Page tree

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

SOAtest は、デフォルトの SOAtest パースペクティブで次のビューを使用します。 

[Eclipse] ビュー

[タスク] ビューや [問題] ビューなど Eclipse ワークベンチが提供するビューの詳細については、『Workbench User Guide』を参照してください。このドキュメントには [ヘルプ] > [ヘルプ目次] からアクセスできます。

品質タスク 

[品質タスク] ビューは、テスト結果に関する実用的な情報を提供します。このビューには、テストの失敗と考えられる原因が表示されます。詳細については「結果の確認」を参照してください。

[コンソール] ビュー

[コンソール] ビューには、実行されたテスト、失敗したテスト、スキップされたテストの数など、実行されたテストに関する概要が表示されます。

[コンソール] ビューの設定をして変数を表示することも可能です。詳細については、「変数の使用状況をモニタリング」を参照してください。 

[データ リポジトリ] ビュー

[データ リポジトリ] ビューは、Parasoft データ リポジトリの追加、編集、参照するための主要管理ポイントです。Parasoft データ リポジトリは、チームが Parasoft メッセージング ツールで使用する大規模あるいは階層的なデータ セットの定義、拡張、レビューを可能にします。各リポジトリの階層は、グラフィカルに表現され、データ エディターに関連づけられます。データ エディターは、大規模で複雑なデータ セットの拡張や閲覧を簡単にします。 

詳細については「大規模な階層データ セットの操作」を参照してください。

[エディター] ビュー

[エディター] ビューは、ワークベンチの中で最も大きなパネルです。SOAtest は、選択されたテスト ケース エクスプローラーまたはナビゲーターのノードに応じて、ツール/テストの構成パネル、またはソース コード表示します。たとえば、テスト ケース エクスプローラーで SOAP Client ツールをダブルクリックした場合、エディターには SOAP Client ツールのコンフィギュレーション パネルが開きます。 

[キュー ブラウザー] ビュー

[キュー ブラウザー] ビューでは、Websphere MQ、 Websphere Application Server、 Tibco EMS、 Sonic MQ、 ActiveMQ、 およびその他の JMS プロバイダー上にデプロイされたキューの内容を参照できます。これは、特にJMS トランザクションの初期構成において、デバッグ目的に役立ちます。詳細については「キューのブラウズ」を参照してください。

[SOAtest サーバー] ビュー

[SOAtest サーバー] ビューでは、ローカルまたはリモートの SOAtest サーバーにデプロイされたテスト資産を管理できます。

[SOAtest サーバー] ビューの使用方法の詳細については、以下のセクションを参照してください。

[テスト ケース エクスプローラー] ビュー

[テスト ケース エクスプローラー] ビューはプロジェクトと、そこに含まれるテスト スイートやテスト資産 (データ ソース、環境など) を表示します。

[ワークフロー パレット] ビュー

[ワークフローパレット] ビューは、現状に適した右クリック メニューとウィザードを表示します。

[スマート テスト テンプレート] ビュー

[スマート テスト テンプレート] ビューでは、スマート テスト テンプレート (.stt ファイル) の作成、構成、管理を行うことができます。スマート テスト テンプレートは、SOAtest Smart API Test Generator を使って生成されたテストを自動的に構成するために使用されます。詳細については「Smart API テスト生成の設定」を参照してください。

  • No labels