Page tree

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

You are viewing an old version of this page. View the current version.

Compare with Current View Page History

« Previous Version 3 Next »

Parasoft SOAtest

120 超のプロトコル/メッセージ タイプを含め、REST および Web サービスの強固なサポートによって複合アプリケーションの徹底的なテストを自動化します。

Parasoft Virtualize

現在も進化を続ける、アクセスが困難で開発やテストのための構成が難しいシステムの振る舞いをシミュレートします。

SOAtest + Virtualize

SOAtest と Virtualize を併用することで、コストを下げ、より品質の高いソフトウェアをより短期間で提供できます。

なぜ SOAtest なのか ?

Parasoft SOAtest は、エンタープライズ レベルのソリューションです。API、メッセージ ブローカー、データベース メインフレーム、ERP、ブラウザー ベース UI、および他のエンドポイントを介した、ビジネスに不可欠なトランザクションの複雑なテストを簡略化します。エンド ツー エンド テスト シナリオを作成/維持/実行する直観的なインターフェイスによって、 業務アプリケーションの安静性、信頼性、コンプライアンスを QA チームが保証するのを助けます。SOAtest は、複雑な環境における API および API 駆動トランザクション テストに固有の複雑さを低減することを目的に開発されました。

2002 年以来、SOAtest は、HP、IBM、フィデリティ、ロッキード マーティン、IRS といった Parasoft 顧客企業に、以下の点で信頼いただいています。

  • トランザクションの信頼性、安全性、コンプライアンスを保証する
  • 自動化テストの構築やメンテナンスに必要な時間と労力を削減する
  • 複雑なビジネス シナリオを、自動的かつ継続的に検証する
  • 不完全な、そして/または 開発途中の環境のテストを容易にする
  • 負荷をかけた状態でのパフォーマンスや機能性の期待値を検証する
  • テスト環境から直接に、問題を速やかに診断する



なぜ Virtualize なのか ?

Parasoft Virtualize は、現実的なテスト環境へのアクセスを可能にすることで、品質の高いソフトウェアを効率的に提供するための大きな障害を取り除きます。Parasoft Virtualize のサービス仮想化は、「コントロールできる範囲を超えた依存関係」「現在も変化し続けている依存関係」「複雑すぎるために仮想テスト環境で設定できない依存関係」へのアクセスを可能にします。たとえば、サード パーティのサービス (信用調査や支払処理など)、メインフレーム、SAP や他の ERP がこれに該当するでしょう。Virtualize を使用すれば、システムの全機能の中からその一部だけを仮想化できます。テスト対象アプリケーションを自然に実行する間に、Virtualize は依存関係間のやり取りをキャプチャーしてその振る舞いを「仮想アセット」に変換します。この仮想アセットには、簡単に設定可能なレスポンス パラメーター (たとえばパフォーマンス、テスト データ、応答ロジック) が用意されています。ユーザーは、短時間で高機能な仮想アセットを作成し、役割ベースのアクセスのためにセットアップできます。

Parasoft Virtualize は以下を実現します。

  • 準備ができたときに直ちにテストを開始する
  • テスト計画に不可欠な環境条件を迅速に構成する
  • 任意の幅と量のテストを作り上げる
  • テスト対象のアプリケーションを、確信をもって次のレベルへ推進する

エンドツーエンド機能テスト

複雑なトランザクションのすべての重要な側面を継続的に検証するテスト シナリオを迅速に作成します。Web インターフェイス、バックエンド サービス、ESB、データベース、およびその間のあらゆる物によって拡張できます。詳細については「エンドツーエンド テスト シナリオ」「Web 機能テスト」、「REST および SOA 機能テスト」を参照してください。

セキュリティ テスト

侵入テストおよび複雑な認証、暗号化、アクセス制御のテスト シナリオ実行によって、セキュリティ脆弱性を防止します。詳細については「セキュリティ テスト」を参照してください。

変更管理

テストに影響する変更をチーム メンバーに通知し、集約された変更テンプレートによって迅速かつインテリジェントなアセットの更新を可能にします。

負荷テストと性能テスト

高い負荷がかかった状態で、アプリケーションのパフォーマンスと機能性を検証します。既存のエンドツーエンド テストを負荷テストに活用することで、広範かつ継続的なパフォーマンス モニタリングの障壁を取り除きます。また、JUnit やライトウェイト ソケット ベースのコンポーネントといった Parasoft 以外のコンポーネントの負荷テストや並行処理の問題の検出もサポートします。

詳細については「負荷テスト (Load Test)」を参照してください。

メッセージ/プロトコルのテスト

複数のメッセージング プロトコルよおびトランスポート プロトコルのテストを自動化します。HTTP、SOAP/REST、PoX、WCF、JMS、TIBCO、MQ、EJB、JDBC、RMI などを含みます。

詳細については「さまざまなプロトコルによるテスト」を参照してください。

イベントのモニタリング

テストの実行中に、テストによってトリガーされたプロセス内部のイベントを可視化してトレースできます。ダイレクトにテスト環境から迅速に問題を診断できます。また、システムの変化につれて、重要なイベントが機能上の期待を満たし続けているかどうかを継続的に検証することも可能です。

詳細については「イベント モニタリング (ESB、 Java アプリケーション、 データベース、 その他のシステム)」を参照してください。


  • No labels