Page tree

Skip to end of metadata
Go to start of metadata


Parasoft DTP は、欠陥のあるソフトウェアに関連するビジネス リスクを排除し、デリバリーまでの時間を短縮し、継続的なプロセス改善を容易にします。DTP は、静的解析、単体テスト、カバレッジ解析、実行時エラー検出といった品質プラクティスについてアプリケーションをモニタリングして評価します。その結果、DTP のユーザーは自身のソフトウェア開発プロセスの品質を評価することができます。インテリジェントですぐに対応可能な指摘事項をユーザーに提供するために、DTPは SDLC 全体をとおして生成されたデータを収集し、相関させ、解析します。この指摘事項は、コード変更がもたらす影響にユーザーが集中し、完全遵守したトレーサビリティを実現することを可能にします。ユーザーの開発ポリシーにしたがってプラクティスを適用することで、DTP はビジネス上の期待と開発/テスト アクティビティとの間に存在するギャップを埋める役割を果たします。 




主要な機能

  • オープン ソースの解析ツールとテスト フレームワークとの統合: 一般的なオープン ソースのツールやシステムとの統合を可能にする DTP 対応の Parasoft 拡張をインストールします。詳細については Parasoft 製品テクニカル サポート センターにお問い合わせください。 
  • Parasoft 静的解析/テスト ツール (C/C++test、dotTEST、Jtest) の活用: DTP のネイティブ コード解析ツールとテスト実行ツールを構成して自分のインフラストラクチャにデプロイすることで、開発テスト データの収集を自動化します。 
  • インタラクティブなエクスプローラー ビュー: 詳細なエクスプローラー ビューを使って、静的解析違反、メトリクス解析、テスト結果、およびカバレッジを詳しく調べることができます。エクスプローラー ビューは、ソース コードのコンテキストで指摘事項を表示します。ユーザーは修正パスを実行したり、再実行するテストをマークしたりといった作業を行うことができます。 
  • インテリジェントなメタデータ: 修正対象の違反や再実行するテストを特定し、開発組織の効率アップにつながるアクションを割り当てます。技術的リスクとビジネス リスクの間のギャップを埋めるために役立ちます。 
  • カスタマイズできる Web ベースのインターフェイス: ビルトインまたはカスタムのダッシュボード、ウィジェット、レポートによって、開発アクティビティの状況を一目で把握することができます。 
  • 堅牢な REST API と Java API: 欠陥、要求、タスク、および他のデータにアクセスし、DTP の機能を拡張する他のツールやアプリケーションと統合します。 
  • ブラウザーから直接ソース管理システムのコードにアクセス: Git、Subversion、AccuRev、Mercurial、Microsoft TFS、Perforce といった一般的なソース管理システムと直ちに統合できるほか、解析ツールから直接ソースをパブリッシュすることができます。 
  • 要求/欠陥トラッキング システムとの統合: TFS、JIRA、Bugzilla、Rational DOORS といった開発インフラでシステムをまたがってリンクを作成し、カスタマイズできる DTP ワークフローを実現します。テストは参照番号でリンクすることもできます。

DTP ワークフロー

高度な分析: DTP Enterprise Pack

DTP Enterprise Pack は、カスタマイズした可視化とワークフローをユーザーが作成できるようにすることで、DTP の実装を拡張します。 

  • SDLC データの奥深くに潜在する危険なパターンを一掃することで、ソフトウェアの品質を向上し、開発プロセスを継続的に改善します。 
  • コーディング パターンがユーザー ポリシーに違反したときにだけトリガーされる、優先順位のある実行可能な指摘事項によって、DevTest の生産性をアップします。
  • 一般的なシステムに対応した Parasoft の拡張機能を利用して DevTest インフラを強化したり、オープン API を活用してあらゆる SDLC コンポーネントとシームレスに統合します。

Extension Designer: SDLC のための予測分析

Extension Designer は、ロジック フローを作成および構成するためのインターフェイスです。このロジック フローは、アプリケーションのホットスポットを発見する、先進的な解析技術を適用します。たとえば、Extension Designer のフローが正しいカバレッジを解析してレポートできるよう、DTP は単体テスト、機能テスト、および手動テストのアクティビティからカバレッジを収集できます。また、カバレッジを他のメトリクスと組み合わせることで、最も重大なリスクのあるアプリケーション分野でアプリケーションのホットスポットを特定することもできます。詳細については Parasoft 製品テクニカル サポート センターまでお問い合わせください。


  • No labels