Page tree

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

このセクションでは、 Parasoft の拡張機能で定義される任意の GUI フィールドの field label をローカライズする方法について説明します。

GUI に表示されるカスタム拡張機能の field label を外部に置くことで、さまざまな言語をサポートできます。これは、サポートしたい各言語のプロパティ ファイルを提供することで実施されます。ユーザーの言語に基づいて、 Java ランタイムは言語識別子を使用して関連するリソース バンドルを探します。言語識別子が提供されない場合、 Java ランタイムは次の一般的なリソース バンドルへフォールバックします。

例:

  • parasoft-extension.properties: 他に何もない場合のデフォルト言語ファイル
  • parasoft-extension_de.properties: ドイツ語に使用
  • parasoft-extension_en.properties: 英語に使用
  • parasoft-extension_ja.properties: 日本語に使用

parasoft-extension.xml の文字列は %key 表記を用いることで、プロパティ ファイルに出すことができます。たとえば、 XML ファイルの form セクションは次のように記載されます。

<form xmlns="urn:com/parasoft/extensibility-framework/gui">
	<section label="%section">
		<field id="key 1" label="%labelOne"/>
		<field id="key 2" label="%labelTwo"/>
	</section>
</form>

そして、parasoft-extension_en.properties は次のように記載されます。

section=section name
labelOne=label one name
labelTwo=label two name

プロパティ ファイルは ISO 8859-1 文字コードでエンコードされます。このエンコードで直接表現できない文字は、The Java Language Specification の Section 3.3 に定義されるように、Unicode で書かれます。'u' という文字だけがエスケープ シーケンスに認められています。

  • No labels