Page tree

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

このセクションでは、ニーズに合った静的解析を実行するために、ビルトイン ルールを変更したりユーザー定義ルールを作成したりする方法について説明します。
このセクションの内容:

パラメータライズ ルールのカスタマイズ

多くのルールはパラメータライズされているので、ユーザーはパラメーターを変更してルールの特性をカスタマイズできます。命名規則のルールでは、チェックしたい命名規則を指定できます。その他のルールでは、チェックのスコープのようなルールのオプションを制御したり、ルールの動作を選択したりできます。パラメータライズ ルールはテスト コンフィギュレーション ダイアログの [静的] タブのルール ツリーから参照できます。パラメータライズ ルールは「ラジオボタンのついた魔法使いの帽子アイコン」で示されます。

利用可能なパラメーターについての詳細は、ルールの説明に記述されています。ルールの説明を参照するには、ルールのノードを右クリックし、ショートカット メニューから[ルール ドキュメントの参照]をクリックします。 

パラメータライズ ルールを編集するには、次の操作を行います。

  1. [Parasoft] メニューの [テスト コンフィギュレーション]をクリックするか、または ツールバーの [テストの実行] ドロップダウン リストから [テスト コンフィギュレーション] を選択します。
  2. 任意のテスト コンフィギュレーションを選択し、 [静的] タブを開いてルール ツリーを表示します。変更したルール パラメーターはすべてのテスト コンフィギュレーションに適用されるので、この段階ではどのテスト コンフィギュレーションを選択しても構いません。
  3. ルールのカテゴリ ブランチを展開します。
  4. 変更したいパラメータライズ ルールを右クリックし、ショートカット メニューから[ルール パラメーターの表示]をクリックします。
  5. 表示された [ルール パラメーター] ダイアログで、ルールのパラメーターを変更します。
  6. [OK] をクリックして変更を保存します。

RuleWizard とは

このセクションでは、RuleWizard を使用して既存のルールをカスタマイズしたり新しいルールを作成したりするための一般的なワークフローについて説明します。RuleWizard の機能と使用方法の詳細については、『RuleWizard ユーザーズ ガイド』を参照してください。

RuleWizard は Architect Edition と Server Edition で利用可能です。RuleWizard ではユーザー定義の静的解析ルールを作成できます。 SOAtest は、RuleWizard で作成され、有効化されたルールを自動的に推進します。ユーザー定義ルールを作成してチェックすることによって、チームはプロジェクトや組織に固有の要件を検証できます。また、チームの最も一般的なエラーの再発を防止できます。

RuleWizard を使用すれば、フローチャートのようにグラフィカルにルールを作成することや、サンプルのルール違反を実演するコードから自動的にルールを作成することが可能です。ルールの作成や変更をするために、コーディングやパーサーの知識は必要ありません。



RuleWizard を開くには 2 つの方法があります。

  • [Parasoft] メニューの [RuleWizard の起動] をクリックします。
  • テスト コンフィギュレーション パネルの [静的] タブで [新規] をクリックします。

RuleWizard GUI が開きます。ユーザー定義ルールの変更、作成、有効化をする方法については 『RuleWizard ユーザーズ ガイド』 を参照してください。『RuleWizard ユーザーズ ガイド』 を開くには、 SOAtest GUI または Eclipse workbench で [Parasoft] メニューの [Help] をクリックします。 

RuleWizard によるビルトイン ルールのカスタマイズ

Architect Edition または Server Edition の場合、 RuleWizard を使用して任意のルールをカスタマイズできます。カスタマイズできるルールはテスト コンフィギュレーション ダイアログの [静的] タブのルール ツリーから参照できます。カスタマイズできるルールは「魔法使いの帽子 + 魔法使いの杖のアイコン」で示されます。



SOAtest のビルトイン ルールは直接変更しないことを強く推奨します。ビルトイン ルール自体を変更するのではなく、ビルトイン ルールを複製し、複製したルールを変更してください。
RuleWizard でビルトイン ルールをカスタマイズするには、次の操作を行います。

  1. [Parasoft] メニューの [テスト コンフィギュレーション]をクリックするか、または ツールバーの [テストの実行] ドロップダウン リストから [テスト コンフィギュレーション] を選択します。
  2. 任意のテスト コンフィギュレーションを選択し、 [静的] タブを開いてルール ツリーを表示します。
  3. 変更したいルールを右クリックし、ショートカット メニューの [複製] をクリックします。複製されたルール ノードがルール ツリーに追加されます。複製されたルール ノードはファイル アイコンで示されます。
  4. 複製したルールを右クリックし、ショートカット メニューの [RuleWizardでルールを参照] をクリックします。

RuleWizard GUI が開きます。カスタム ルールの変更と保存については、『RuleWizard ユーザーズ ガイド』を参照してください。『RuleWizard ユーザーズ ガイド』を表示するには、 RuleWizard GUIで [Help] メニューの [Documentation] をクリックします。変更したルールは、必ず保存して有効化してください。ルールの保存と有効化については、「テスト コンフィギュレーションとルールの設定 」または「カスタム ルールの使用 (Team Server を使用しないチーム向け)」を参照してください。

この手順は Parasoft Test ファミリー製品で共通です。詳細については、「テスト コンフィギュレーションとルールの設定」を参照してください。

ルールの新規作成

ユーザー定義の静的解析ルールの作成や、ビルトイン ルールの変更はRuleWizard モジュールを使用します。 RuleWizard モジュールは、グラフィカルにルールを作成したりカスタマイズしたりするツールです。 RuleWizard モジュールは、 SOAtest の Architect Edition および Server Edition で利用可能です。

RuleWizard を使用すれば、フローチャートのようにグラフィカルにルールを作成することや、サンプルのルール違反を実演するコードから自動的にルールを作成することが可能です。ルールの作成や変更をするために、コーディングやパーサーの知識は必要ありません。

RuleWizardは次の方法で開くことができます。

  • [Parasoft] メニューの [RuleWizard の起動] をクリックします。

RuleWizard GUI が開きます。カスタム ルールの変更と保存については、『RuleWizard ユーザーズ ガイド』を参照してください。『RuleWizard ユーザーズ ガイド』を表示するには、 RuleWizard GUIで [Help] メニューの [Documentation] をクリックします。 

ユーザー定義ルールを静的解析で使用する前に、 SOAtestで変更したルールを使用できるように構成する必要があります。 変更したルールを SOAtest に認識させる方法については、「テスト コンフィギュレーションとルールの設定」および「カスタム ルールの使用 (Team Server を使用しないチーム向け)」を参照してください。

ルール ID に関する注意

 ツールにインポートするルールは一意のルール IDを持っている必要があります。同じ ID のルールを複数インポートすることはできません。

カスタム ルールの使用 (Team Server を使用するチーム向け)

テスト コンフィギュレーションとルールの設定」を参照してください 。

カスタム ルールの使用 (Team Server を使用しないチーム向け)

RuleWizard で作成したカスタム ルールを静的解析で使用する前に、それらのルールを使用できるように設定する必要があります。

注意

ここでは、 Team Server を使用していないチームでユーザー定義ルールを有効にする方法について説明します。Team Server を使用している場合は、「テスト コンフィギュレーションとルールの設定」の手順に従ってください。

Team Server を使用しない場合、次の手順で SOAtest ユーザー定義ルールをインポートします。

  1. [Parasoft] メニューの [テスト コンフィギュレーション]をクリックするか、または ツールバーの [テストの実行] ドロップダウン リストから [テスト コンフィギュレーション] を選択します。
  2. 任意のテスト コンフィギュレーションを選択します。すべての有効なテスト コンフィギュレーションに新しいルールが適用されます。
  3. [静的] タブを開いてルール ツリーを表示します。
  4. 新しいカテゴリにルールを追加する場合は、次の方法で新しいカテゴリを作成します。
    1. [ルール マップ ファイルの編集] をクリックします。
    2. [カテゴリ] タブをクリックします。
    3. [新規] をクリックします。カテゴリ テーブルに新しいエントリが追加されます。
    4. 新しいエントリにカテゴリ ID とカテゴリ詳細を入力します。たとえば、カテゴリ ID に ACME と入力し、カテゴリ詳細に ACME INTERNAL RULES と入力します。
    5. [OK] をクリックし、新しいカテゴリを保存します。
  5. ルール ツリーの右側にある [インポート] をクリックします。[ルールのインポート] ダイアログが開きます。
  6. [ルールのインポート] ダイアログで、インポートするルールを指定します。インポートするルール ファイルが既存のルール ファイルと同じ名前の場合、既存のルール ファイルを上書きするかどうかを指定します。
  7. [OK] をクリックします。指定のカテゴリの下にルールが表示されます。デフォルトではルールは無効になっています。
  8. チェックしたいルールを有効にします。
  9. 設定の変更をコミットするには、 [適用] または [閉じる] をクリックします。
  • No labels