Page tree

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

静的解析は柔軟にカスタマイズできます。目的のカスタマイズを実施する方法については、次の表を参照してください。 

目的のカスタマイズ必要な操作必要な操作
コーディング スタンダード解析中にチェックするルールを決める適用するテスト コンフィギュレーションの [静的] タブでルールを構成する「[静的] タブ - 静的解析の方法を定義する」
ルールごとにレポートする静的解析タスク数など、静的解析の設定を修正する 適用するテスト コンフィギュレーションの [静的] タブで解析設定を変更する「[静的] タブ -静的解析の方法を定義する」
指定の静的解析タスクの追加発生をレポートさせないようにするタスクを抑制する

タスクの抑制

アプリケーション、プロジェクト、チームに固有の要件をチェックするユーザー定義ルールを作成するRuleWizard を使用し、ユーザー定義の静的解析ルールを作成するカスタム静的解析ルールの作成
ビルトイン ルールをカスタマイズする

テスト コンフィギュレーション ダイアログの [静的]タブでルール パラメーターを編集する

または

RuleWizard を使用し、静的解析ルールを修正する

カスタム静的解析ルールの作成

ルール カテゴリ、 ID 、ヘッダー、重要度を変更し、チームや組織のコーディング ポリシーに適合させる

ルール マッピングを変更するルールのカテゴリ、 ID 、ヘッダー、重要度レベルの変更
新しいルール カテゴリを作成するルール マッピングを変更するルールのカテゴリ、 ID 、ヘッダー、重要度レベルの変更
SOAtest がユーザー定義ルールを参照するデフォルトのディレクトリを変更する[Parasoft] メニューの [設定] をクリックして [設定] ダイアログを開き、ユーザー定義ルールの場所を設定するチーム間での SOAtest の構成
  • No labels