Page tree

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

このセクションでは、ポリシー適用テストの作成、実行、および結果の確認方法を説明します。

このセクションの内容:

ポリシー適用テストの作成

ポリシーの定義が完了したら、SOAtest でポリシー適用テストを作成し、関連するルールやアサーションを参照できます。  SOAtest のテスト作成ウィザードから、以下の種類のポリシー適用テストを作成できます。

  • WSDL: インポートされた WSDL も含め、WSDL ドキュメントのコンテンツに対してポリシーおよび標準を適用します。
  • Schema:  インポートされたスキーマも含め、WSDL から参照されているスキーマに対してポリシーおよび標準を適用します。
  • SOAP:  Web サービスから送信される SOAP メッセージに対してポリシーおよび標準を適用します。

WSDL テスト作成ウィザード (詳細については「WSDL からのテスト作成」で説明されています) からテストを作成する際にポリシー構成を参照するには、次の操作を行います。

  1. 通常どおりウィザードを実行します。
  2. WSDL/スキーマ ポリシー適用テストを作成するには、ウィザードの最初のページで [WSDL に基づいてポリシーを検証および強制するテストの作成] チェック ボックスをオンにします。
  3. [ポリシーの適用] ウィザード ページが表示されたら、[ポリシー構成の適用] チェック ボックスをオンにします。このオプションをオンにすると、指定したポリシー構成で定義されたアサーションを適用する WSDL テストと機能テストが作成されます。
  4. ポリシー構成ファイルを入力するか、参照します。



    • ローカル ファイルまたは Team Server のファイルを参照できます。
    • カスタム ポリシー構成がない場合、SOAtest に含まれるデフォルトのルール セットを参照するデフォルトのポリシー適用テストを使用できます。デフォルトのポリシー構成である soa.policy は、業界レベルでのベスト プラクティスを集めたものです。
  5. [終了] ボタンをクリックします。

ポリシー適用テストの実行

テストを実行するには、[テスト] ツールバー ボタンをクリックします。



結果/レポートの参照

結果の確認」の説明のように、検出されたポリシー違反は [品質タスク] ビューに表示されます。

あるいは、「GUI への結果のインポート」の説明に従ってコマンドラインからテストを実行し、結果を SOAtest GUI にインポートすることもできます。

ポリシー適用テストを実行した後、ポリシー適用違反に対するすべてのエラー メッセージを記載した HTML または XML 形式のレポートを生成できます。レポートを参照するには、エラー メッセージを右クリックし、ショートカット メニューの [レポートの表示] > [詳細/概要/構成] をクリックします。すると、レポートが Web ブラウザーに表示されます。

  • No labels