Page tree

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

サービスの進化や環境条件の変化に合わせてテスト資産を更新し続けるのは、簡単なタスクではありません。メッセージや検証が複雑であるほど、タスクは困難になります。Parasoft は、主に 2 つの方法でサービスの変更がテスト資産にどのように影響するかを評価および管理しやすくします。

  • メッセージの場合: 変更アドバイザーは、サービスの変更によって既存の資産から送信されるメッセージがどのような影響を受けるかを自動的に識別します。たとえば、名前変更の操作、要素や型の追加、名前空間の変更による影響などです。また、既存のテスト スイートの更新や新規のテスト スイートの作成のために、影響のあったツールを個別にまたはまとめて、変更テンプレートに基づいて自動でリファクタリングします。変更テンプレートは、「元の定義の要素とスキーマ」が「現在の定義の要素とスキーマ」にどのように関連するかを表す自動定義されたマッピングをレビューおよび改良することで作成されます。これによって、ユーザーはできる限り早く、正確に、そしてインテリジェントにテスト資産を更新できます。

  • ツールの値の場合: Parasoft の「検索・置換」機能は、サービスや環境の進化に応じて変更が必要となる値を識別して更新するのに有用です。たとえば、要素や名前空間が変更された場合、「検索・置換」機能を使って、Assertion ツール、 Diff ツール、 Data Bank ツールなどで影響のあった XPath 値を更新できます。

  • No labels