Page tree

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

プロキシのポートとテスト作成オプションを指定して API にアクセスすると、自動化されたワークフローでツールを使用できます。このセクションの内容

プロキシ システム プロパティ

Web Proxy 管理コンソールから、または .jar ファイルから実行している場合はコマンドラインからシステム プロパティを指定することで、Web Proxy を設定できます。以下のプロパティを指定できます。  

-DapiPortAPI のポート番号を指定するシステム プロパティです。デフォルト値は 40090 です。
-DproxyPortStart

空きポートのスキャンを開始するポートを指定するシステム プロパティです。デフォルト値は 40443 です。

-DproxyPortRange

スキャン開始ポート (proxyPortStart 引数で指定された値) からスキャンするポートの数を制限するシステム プロパティです。0 を指定すると、スキャンは行われません。

-DuseSystemProxy

ネットワークレベルのプロキシの使用を有効化するシステム プロパティです。デフォル値は true です。

-Ddebugシステム デバッグ情報を有効化/無効化します。デフォルトは false です。

Web Proxy 管理の例

[Java] タブの [Java Options] フィールドにシステム プロパティを追加します。次の例では、API ポートに 45000 を指定し、デバッグを有効化しています。

コマンドラインの例

コマンド ラインからの起動時に設定オプションを指定します。次の起動コマンドは、API ポートに 10090 を指定し、ポート番号範囲をスキャンし、デバッグを有効化しています。

%INSTALLDIR%/jre/bin/java -DapiPort=10080 -DproxyPortStart=20443 -DproxyPortRange=10 -Ddebug=true -jar com.parasoft.traffic.proxy.jar

Java のサポート

Parasoft Recorder には Java インスタンスが付属していますが、すでにシステムにインストール済みの Java 8 以降の Java を使用することもできます。

テスト作成プロパティ

tst_creation.properties 設定ファイルでプロパティを定義することで、レコーダーがテストを生成する方法を指定できます。デフォルトで使用される tst_creation.properties ファイルは、SOAtest ワークスペースの TestAssets フォルダーの下にあります。SOAtest サーバーに接続するすべての Web Proxy が、このファイルの設定を使用します。  tst_creation.properties ファイルは、ローカル マシンにインストールされた Web Proxy にも付属しています。useServerSettings プロパティに false を指定すると、ローカル ファイルの設定で SOAtest サーバーの tst_creation.properties の設定を上書きできます。ローカル設定を使用する場合、テスト作成時に tst_creation.properties ファイルを自動的に読み取れるよう、com.parasoft.traffic.proxy.jar ファイルと同じディレクトリにあることを確認します。

テスト作成プロパティの詳細については Smart API テスト生成の設定 を参照してください。

API の使用

Web Proxy を開始した後、次の URL に移動すると、API の定義を参照できます。

http://<host>:<port>/api/openapi.json

  • No labels