Page tree

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

[設定] パネルで Load Test の設定をカスタマイズできます。[設定] パネルを開くには、[ファイル] > [設定のカスタマイズ] をクリックします (または、Alt + F2 キーを押します)。

設定パネルが開いたら、以下のタブを使用して設定を変更できます。

コンポーネント

このページには、ビルトイン コンポーネントのデプロイメントの詳細 (負荷テストを駆動する jar ファイルなど) が表示されます。このページには、メイン コンポーネント クラスの Java クラス名などのコンポーネントのデプロイメント プロパティや、コンポーネント検証メッセージが表示されます。

GUI

GUI パネルでは、以下のオプションを設定できます。

  • テーマ: Load Test GUI の全体的なルック アンド フィールを決定するテーマを選択できます。
  • グラデーション: 選択されたテーマに対応したさまざまなグラデーション プロパティが表示されます。[テーマ] ドロップダウン メニューで [カスタム] を選択した場合、以下のグラデーション設定をカスタマイズできます。
  • テスト ツリーの色: 色の設定またはテスト スイート ラベルおよびテスト スイート共有アイテム ラベルが表示されます。[テーマ] ドロップダウン メニューで [カスタム] を選択した場合、以下の色設定をカスタマイズできます。
  • 背景画像の使用: Load Test の背景に画像を追加します。
  • フォント: [テスト ツリー][テスト スイート][テスト ツリーのツール][負荷テスト ツリー][負荷テスト フォルダー] に表示されるラベルのフォントおよびフォント サイズを選択できます。

注意

GUI の変更を反映するには、Load Test を再起動する必要があります。

スクリプト

Load Test 設定パネルの [スクリプト] タブでは、カスタム スクリプトで使用する Jython および Java プロパティを指定できます。

  • Java: Java の場合、Java の home ディレクトリおよび javac コンパイラへのパスを指定できます。Load Test のエディター内で Java メソッドをコンパイルするには、これらのパラメーターを指定する必要があります。 

    注意

    javac コンパイラは、Load Test のインストールには含まれていません。

    • Java Home: Java のインストール ディレクトリを指定します。
    • Java Classpath: Java のクラスパスを指定します。
  • Java Script: Jython または JavaScript でスクリプトを作成する場合、スクリプトのテンプレート フィールドにスクリプトのテンプレートを指定できます。
    • スクリプトのテンプレート: このフィールドに入力されたコードは、フィールドに対応する言語のインライン スクリプトのデフォルト コードとして使用されます。スクリプトのテンプレートは、デフォルト入力や共通グローバル変数の設定などに特に便利です。スクリプト テンプレートは、Method ツールで使用されるツールに適用されます。ブラウザー コンテキストで実行される JavaScript には適用されません。
  • Jython: Jython の場合、jython.home および jython.path 変数を指定できます。この 2 つの変数を使用すると、Jython モジュールの場所を指定でき、Jython モジュールを何もインポートしていないコードでも、変数を設定することなく Jython スクリプトのサポートを利用できます。jython.home および jython.path 変数を設定した場合、変更を反映するには、Load Test を再起動する必要があります。
    • JythonHome: Jython のインストール ディレクトリを指定します。jython.home は単一のディレクトリでなければなりません。
    • Jython パス: jython.home/Lib ディレクトリにない、ユーザーのパス モジュールに追加するために使用されます。jython.pathには、複数のパスを指定できます。
    • スクリプトのテンプレート: Jython モジュールを何もインポートしていないコードでも、jython.home または jython.path変数を設定することなく Jython スクリプトのサポートを利用できます。

スタートアップ

スタートアップ パネルでは、以下のオプションを設定できます。

  • Parasoft Load Test 起動時にサーバーを起動する: SOAtest で使用されている非同期テストのために使用する SOAtest サーバーを起動するよう指定します。「非同期テストの構成」を参照してください。
  • Load Test 起動時にウェルカム画面を表示する: 起動時にウェルカム画面を表示するよう指定します。

システム プロパティ

このパネルでは、必要に応じてクラスパスに Jar ファイルやクラス フォルダーを追加できます。表示されるコントロールを使用して、Jar ファイルおよびクラス フォルダーを追加または削除します。指定された Jar ファイルおよびクラスパスは、システムのクラスパスに追加され、Load Test が再起動された後、対応するクラスが JVM にロードされます。


  • No labels