Page tree

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

Parasoft SOAtest は、テストをトリガーとするトランザクションの一部として発生するプロセス内部のイベントを視覚化し、トレースし、それらを分離して検証することができます。これによって、問題の原因を識別し、従来は専任の開発チームによって処理されていたマルチ エンドポイントの統合トランザクション システムのアクションを検証することが可能になります。

イベントをモニターする理由

テスト環境では、さまざまな誤りが発生する可能性があります。たとえば、メッセージが誤ったシステムを経由したり、メッセージの変換が誤っていたり、ターゲットのシステムが必要なアクションを実行しなかったりする可能性があります。

テストが成功したとしても、すべてのステップが正しく実行され、適切な更新が行われたと確信できるでしょうか? テストが失敗した場合、何が、どこで、なぜ誤ったのかを突き止めることはできるでしょうか ?

エラーの原因を突き止めた後、エラーの箇所を分離してその部分に対して適切なテストを作成し、問題を解決すると同時に、将来同じ問題が再び発生したときに検出できるようテストを維持できるでしょうか?

ただシステムにメッセージを送信し、返ってくるレスポンスを検証するだけでは、このような課題に対処するには不十分です。システム内部 (特に現在のビジネス トランザクションの心臓部となる ESB) を可視化してコントロールすることが成功に不可欠です。

SOAtest のイベント モニタリング

SOAtest は ESB、Java アプリケーション、データベース、その他のシステムの内部的なメッセージやイベントをモニターし、トランザクションの内部的な検証と可視化を可能にします。また SOAtest は、ほとんどすべてのシステムに対して同等の内部的な可視性をもたらすことのできるフレームワークおよび API を備えています。

最初にメッセージを送信し、そのレスポンスを検証する (また場合によってはトランザクションの結果として発生するさまざまな変化を検証する) だけでなく、SOAtest は中間のメッセージやイベントをモニターすることもできます。たとえば、最初のメッセージに加えて、その後に変換されたメッセージや、別のサービスの呼び出しとそれに対するレスポンスで使用されたメッセージ、ターゲットのシステムに送信されたメッセージなどもモニターでき、そして今度はレスポンスが通る経路全体にわたるステップもモニターできます。

トランザクションが正しく実行された場合、それらの中間的なメッセージ/ステップを自動検証するアサーションを簡単に定義し、その後のすべてのテストで検証を実行できます。トランザクションが正しく実行されない場合、何がどこで間違っているかを突き止めることができます。さらに、用意されたさまざまなツールを適用して、メッセージが機能要求を満たしているかを検証できます。

この機能を使用すると、テスト トランザクションが正確に意図したとおりに実行されない限り、テストが成功したとレポートされないよう保証できます。

  • No labels