Page tree

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

このセクションでは、テスト スイートの管理方法について説明します。

このセクションの内容:

テスト ケースの削除

テスト ケースを削除するには、対象のテスト スイートのノードを右クリックし、ショートカット メニューの [削除] をクリックします。

テストやテスト スイートの無効化 / 有効化

テストまたはテスト スイートをプロジェクトの一部として保存するが、当面は実行しない場合、それらを一時的に無効化できます。テストまたはテスト スイートを無効化するには、次の操作を行います。

  • 無効化するテストまたはテスト スイートのノードを右クリックし、ショートカット メニューの [無効化] をクリックします。

以前に無効化したテストまたはテスト スイートを有効化するには、次の操作を行います。

  • 有効化するテストまたはテスト スイートのノードを右クリックし、ショートカット メニューの [有効化] をクリックします。

複数のテストまたはテスト スイートを無効化するには、次の操作を行います。

  • 無効化する複数のテストまたはテスト スイートを選択し、ショートカット メニューの [無効化] をクリックします。

以前に無効化した複数のテストまたはテスト スイートを有効化するには、次の操作を行います。

  • 有効化する複数のテストまたはテスト スイートを選択し、ショートカット メニューの [有効化] をクリックします。

ツールの無効化 / 有効化

負荷テストでテスト スイートを使用する計画があり、大きな負荷をかけることが予想される場合、結合されたツールのうち処理が重いもの (たとえば Diff ツールや Check XML ツールなど) を無効化すると、ツールを削除したり新しいテスト スイートを作成することなく、より大きな負荷を生成できます。

同じタイプのすべてのツールをテスト スイート レベルで有効または無効にするには、次の操作を行います。

  1. メインのテスト スイートのノードを右クリックします。
  2. ショートカット メニューから [検索と置換] > [有効化/無効化] > [ツール タイプ] を選択します。ショートカット メニューには、テスト スイートで使用されているツールだけが表示されます。どのツールを選択した場合も、テスト スイートのどこで使用されているかにかかわらず、テスト スイート全体で有効化または無効化されます。ツールを無効化すると、無効化されていることを表すためにツールが灰色で表示され、テスト スイートはツールが存在しないかのように実行されます。

テスト スイートの保存と復元

テスト スイートは、プロジェクト ファイルが保存されたときに保存され、関連するプロジェクト ファイルを開いたときに復元されます。

テスト スイートのエクスポート

設定の多くが複数のテストで共通している場合があります。その場合、テスト設定を外部ファイルにエクスポートし、別のテストでインポートしたり、他のテストの値を参照したりすることができます。

テスト スイートをエクスポートするには、次の操作を行います。

  1. エクスポートするテスト スイートのノードを右クリックし、ショートカット メニューの [エクスポート] をクリックします。
  2. ファイル選択ダイアログが開いたら、適切な .tst ファイルを選択します。

テスト スイートのインポート

SOAtest では、以前に保存したテスト スイートをインポートすることで、他のチーム メンバーと容易にテストを共有したり、必要に応じてテストを統合することができます。テスト スイートをインポートすると、チーム メンバーごとの特有のニーズに合わせてテスト スイートを編集できます。

以前に保存したテスト スイートを既存のテスト スイートにインポートするには、次の操作を行います。

  1. インポートするテスト スイートを統合するテスト スイートのノードを右クリックし、ショートカット メニューの [新規追加] > [テスト スイート] をクリックします。
  2. [テスト (.tst) ファイルのインポート] を選択し、[終了] をクリックします。
  3. ファイル選択ダイアログが開いたら、適切な .tst ファイルを選択します。インポートされたテスト スイートは、現在のテスト スイートに統合されます。

 

  • No labels