Page tree

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

SOAtest の Jtest Tracer Client (「Jtest Tracer Client」で説明) を使用すると、多層システムにおけるバグを検出、分離、再現できます。 

Tracer を使用すると、SOAtest のテスト ケースがカバーする機能を捉えた現実的な機能テスト ケースをJUnit 形式ですばやく作成できます。Tracer を使用すると、(コードの変更や再コンパイルを必要とせずに) Java アプリケーションの実行を JVM レベルでトレースし、より大きな統合されたシステムのコンテキストで捉えることができます。SOAtest のテスト ケースを実行すると、Tracer は作成されたすべてのオブジェクトとデータの入出力をモニターします。

その後、トレース結果を使用してコンテキストを考慮した JUnit を生成し、同じアクションを単体で開発者のデスクトップで再生できるため、アプリケーションの依存先にアクセスする必要はありません。これは、検証プロセスにおいて、1 台のマシンで複雑なシステムの振る舞いを再現できるということを意味しています。

生成された単体テストは、テストとソース コードを直接的に関連付けるため、エラーの識別と究明が容易になります。また開発者は、プロダクション環境にアクセスしたり、複雑なステージング環境をセットアップすることなく、これらのテスト ケースを実行できます。これによって QA チームと開発チームのコラボレーションが促進されます。QA チームはトレースされたテスト セッションとコードレベルのテスト結果を開発者に提供できます。それらのテストは、開発者が問題のあるコードを識別し、理解し、問題を解決するのに役立ちます。 


  • No labels