Page tree

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

プロジェクト、 .tst ファイル、テストの作成ウィザードの選択や入力項目については、次の表の説明やリンク先を参照してください。

全般的なウィザードのオプション

ウィザード説明参照
テスト (.tst) ファイル | プロジェクトのインポートSOAtest のエクスポート機能を使用して以前にエクスポートしたプロジェクトをインポートします。

テスト スイートのインポート

テスト スイートのエクスポート

空のテスト (.tst) ファイル | プロジェクト

任意のテストを追加できる空のプロジェクトまたは .tst ファイルの「スケルトン」を作成します。

空のプロジェクトの作成
テスト (.tst) ファイル |プロジェクトの参照既存のプロジェクト/.tst ファイルを別のプロジェクトの一部として利用します。つまり、既存のテスト アセットを再利用します。テスト スイートの参照を使用
SOAtest Java ProjectSOAtest の Extensibility API にアクセス可能な Eclipse の Java プロジェクトを作成します。後で SOAtest のスクリプトおよび Extension ツールを作成し、Java プロジェクトのクラスを呼び出すことができます。SOAtest での Eclipse Java プロジェクトの使用
既存の SOAtest/WebKing テスト スイートからのプロジェクト既存の SOAtest/WebKing のテスト スイート (古いバージョンの SOAtest/WebKing のテスト スイートを含む) を基にして新しい SOAtest のプロジェクトを作成します。 既存のテストのためのプロジェクトを設定
SOA ポリシー構成ファイル相互運用性や業界標準へのコンプライアンス、保守性、ベスト プラクティスなどの懸念に対応する SOA ポリシー ファイルを作成します。 SOA ポリシーの適用: 概要
データモデル定義ファイルユーザー独自の固定長メッセージの構造を指定するデータ モデル定義ファイルを作成します。SOAtest はこの情報を使用してメッセージと XML の変換を行います。Fixed Length Client と Fixed Length Call Back

REST/SOA のウィザードのオプション

下記のウィザードの大半に、WSDL および SOAP メッセージの「ポリシー エンフォーサー」を作成するオプションがあります。

ウィザード説明参照
AmberPoint Management System

以下を作成します:

  • 指定されたプレーン テキストのトラフィック ログまたはトレース ファイルに保存されたメッセージのための機能テスト
  • メッセージを再生したときに各リクエストに期待されたレスポンス (ファイルに記録されたレスポンス) が返され続けているかを検証する回帰コントロール
AmberPoint Management System からのテスト作成
BEA Aqualogic repository

以下を作成します:

  • ALER リポジトリで指定されたテストのタイプ (たとえば機能テスト、WSDL テストなど)
Oracle Enterprise Repository / BEA AquaLogic Repository からのテスト作成
BPEL

以下を作成します:

  • BPEL セマンティクスのテスト
  • WSDL のテスト
  • BPEL プロセスのテスト
  • BPEL パートナーのテスト
BPEL ファイル からのテスト作成
Java Message Service (JMS)

以下のように SOAtest を設定します:

  • JMS システムを通過するトランザクションをモニターする
  • モニターされたメッセージを再生し、検証する機能テストを生成する

JMS システム トランザクションからのテスト作成

RAML

以下を作成します:

  • RAML で記述されたエンドポイントに対する機能テスト
RAML 定義からのテスト作成
Record from traffic

HTTP、JMS または MQ のトラフィックを記録します。生成されたトラフィック ファイルから、以下を作成できます。

  • 指定されたトラフィック ファイルに保存されたメッセージのための機能テスト
  • メッセージを再生したときに各リクエストに期待されたレスポンス (ファイルに記録されたレスポンス) が返され続けているかを検証する回帰コントロール

記録した HTTP、JMS、MQ Traffic からのテスト作成

Sonic Enterprise Service Bus

以下のように SOAtest を設定します:

  • Sonic ESB システムを通過するメッセージをモニタリングする
  • モニタリングされたメッセージを再生および検証する機能テスト ケースを生成する

Sonic ESB トランザクションからのテスト作成

OpenAPI/Swagger

以下を作成します:

  • OpenAPI/Swagger で記述されたエンドポイントに対する機能テスト
OpenAPI/Swagger 定義からのメッセージレスポンダーの作成
TIBCO Enterprise Messaging Service

以下のように SOAtest を設定します:

  • TIBCO EMS システムを通過するトランザクションをモニタリングする
  • モニタリングされたメッセージを再生および検証する機能テスト ケースを生成する

TIBCO EMS トランザクションからのテスト作成

トラフィック

以下を作成します:

  • 指定されたトラフィック ファイルに保存された HTTP、JMS、MQ メッセージのための機能テスト
  • メッセージを再生したときに各リクエストに期待されたレスポンス (ファイルに記録されたレスポンス) が返され続けているかを検証する回帰コントロール

記録した HTTP、JMS、MQ Traffic からのテスト作成

UDDI

以下を作成します: 

  • クエリーで取得されたサービス オペレーションに対する機能テスト
  • WSDL がスキーマに準拠しており、XML バリデーション テストに合格することを確認するための WSDL テスト
UDDI からテストを作成
WADL

以下を作成します:

  • WADL で定義されたオペレーションに対する機能テスト
WADL からのテスト作成
WSIL

以下を作成します:

  • 指定された WSIL 内の WSDL に関連するオブジェクトに対する機能テスト
  • WSDL がスキーマに準拠しており、XML バリデーション テストに合格することを確認するための WSDL テスト
WSIL からのテスト作成
WSDL

以下を作成します:

  • WSDL で定義されたオペレーションに対する機能テスト
  • WSDL がスキーマに準拠しており、XML バリデーション テストに合格することを確認するための包括的な WSDL テスト
WSDL からのテスト作成
XML スキーマ

以下を作成します:

  • XML スキーマの要素に対する機能テスト (SOAP Client または Messaging Client)
XML スキーマからのテスト作成

Web ウィザードのオプション

ウィザード説明参照
Web シナリオの記録ブラウザーからアプリケーションを実行したときのアクションを表す機能テストを作成します。ブラウザー操作の記録と再生
Web アプリケーションのスキャン指定された Web アプリケーションをクロールするテストを作成します (静的解析の準備を行います)。

Web アプリケーションをスキャンするための SOAtest の設定

  • No labels