Page tree

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

スクリプト ビューでは、スクリプトから動的にメッセージを生成できます

スクリプト ビューでは、次のオプションを設定できます。

オプション説明
言語スクリプトの記述に使用しているスクリプト言語を選択します。
ファイル(スクリプト言語の場合) メッセージを動的に生成するスクリプトがすでにある場合、スクリプトの場所を指定します。
テキスト(スクリプト言語の場合) メッセージを動的に生成するスクリプトを直接入力します。
クラス (Java の場合)このオプションを使って、[クラス] フィールドで適切なクラスを指定します。指定するクラスはクラスパスに含まれていなければなりません。
メソッド

使用するメソッドを選択します。スクリプトに対するメソッドがリストされない場合、[ファイル] または [テキスト] でテキスト フィールド中を右クリックし、ショートカット メニューの [評価] をクリックします。スクリプトに対するメソッドがリストされない場合、クラスパス上の指定のクラス ファイルをチェックしてください。一般的なメソッドの追加方法については、 「スクリプトを使用した拡張機能の基礎」を参照してください。

  • No labels