Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space FUNCTDEV and version SVC2020.2

このセクションでは、デフォルトでサポートされていないメッセージ形式をカバーするために、 SOAtest/Virtualize のインターフェイス と操作を拡張する方法について説明します。

このセクションの内容:

Table of Contents
maxLevel1

カスタム メッセージ形式とは

SOAtest/ Virtualize には、SOAtest/Virtualize のビルトイン メッセージ形式を拡張できるフレーム ワークがあります。 このフレーム ワークは、ユーザーが作業する任意のメッセージ形式をサポートします。たとえば、メインフレーム メッセージ形式、バイナリ形式、またはその他の独自のメッセージ形式などです。メッセージ形式は、ネイティブ形式と XML 間の変換を作成することで定義します。この変換によってユーザーは、 SOAtest で利用可能な XML ツールを使用して、メッセージを構成し検証できます。 拡張機能は Java で実装されます。

カスタム メッセージ形式が追加されると、 SOAtest と Virtualize はそのメッセージ形式を使用してリクエスト/レスポンス メッセージを構成および送信できる新しいクライアントまたはレスポンダー を自動的に作成します。ユーザーはこの新しいクライアントのインスタンスをユーザーの テスト シナリオに追加できます。

これらのクライアントの使用方法については、Custom Client および カスタム Message Responder を参照してください。新しいメッセージ形式は XML Converter ツールにも表示されます。詳細については、「XML Converter」に記載しています。

フォーマット間の一般的な変換定義に加えて、そのフォーマット中の各メッセージの正確な構造を定義する、特定のメッセージ タイプのセットを任意で定義できます。たとえば、ユーザーは XML 変換に一般的な FIX を定義したとします。しかし、ユーザーのアプリケーションで使用される特定の FIX メッセージのセットも定義したとします。各メッセージ タイプの構成は、 XML スキーマを使用して定義され、 SOAtest/Virtualize の拡張機能によって提供されます。

カスタム メッセージ形式用に実装するインターフェイス

環境を設定したら (Virtualize は「拡張機能の追加: 基本手順」を、SOAtest は「拡張機能の追加: 基本手順」を参照)、Extensibility API ドキュメントに記載のある以下のインターフェイスを実装します。

  • com.parasoft.api.message.ICustomXMLConverter
  • com.parasoft.api.message.ISchemaGenerator (任意)

ICustomXMLConverter の実装

ネイティブ形式と XML 間の変換ロジックを実装するのに使用する必須クラスです。toXML() メソッドはユーザーのメッセージを XML フォーマットで返し、 toNative() メソッドはユーザーのメッセージをネイティブ形式で返します。 メソッドは次の引数を受け取ります:

  • INativeMessage または IXMLMessage: 変換されるメッセージの表現を読み出すのに使用します。
  • IConversionContext: 構成設定と、異なるメソッド間でのデータの共有方法を提供します。 さらに、 IConversionContext は ScriptingContext を継承します。 ScriptingContext は Parasoft の標準スクリプティング コンテキストで、変数やデータ ソース値への接続や、ツール間で共有するためにオブジェクトの設定や取得ができます。

toXML() は INativeMessage を返し、 toNative() は IXMLMessage を返します。便宜上使用できる、これらのインターフェイスのデフォルト実装があります (DefaultNativeMessage および DefaultXMLMessage) 。

toNative では、実装者は xmlMessage パラメーターのメッセージ タイプが {@code null} である場合に対応する必要があります。定義されている特定の変換が、明確なメッセージ タイプを渡されないと XML からネイティブ メッセージへの変換方法が分からない場合、{@link CustomConversionException} がスローされます。

toXML では、変換が任意で書かれている可能性があるので、渡された nativeMessage のメッセージ タイプを自動的に検出できます。この自動検出は、リテラル ビューからフォーム ビューに切り替えるときや、仮想アセットの生成にトラフィック ウィザードを使用するときに、メッセージ タイプを判断するために使用されます。変換が自動検出をサポートしない場合、メッセージ タイプを明示的に選択するか、 SOAtestはメッセージ タイプの検出を試みます (必ずしも正しいとは限りません)。自動検出をサポートするには、実装者は渡される nativeMessage のメッセージ タイプを無視するべきです。代わりに自分でメッセージ タイプを判断し、返される XML メッセージに設定します。 

変換が自動検出をサポートしているかどうかを SOAtest/Virtualize が判断する方法であるため、実装者は nativeMessage パラメーターのメッセージ タイプが {@code null} である場合に対応する必要があります。定義されている特定の変換が自動検出をサポートしてなく、そのためにメッセージ タイプを渡されないと変換方法が分からない場合、 {@link CustomConversionException} がスローされるべきです。

変換中に発生した エラー の対処方法は 2 種類あります。エラーが変換処理を中止すべき致命的なエラーの場合、適切なエラーメッセージと CustomConversionException がスローされます。エラーが致命的でない場合 (つまり変換処理は継続できる場合)、 メッセージは IConversionContext.report(String メッセージ) を使用してレポートされ、(おそらく部分的に) 変換されたメッセージはメソッドによって返されます。エラーが例外のスローや report() の呼び出しによってレポートされた場合、クライアント/レスポンダーの GUI ダイアログとしてレポートされるか、クライアント / レスポンダーが実行時のエラーメッセージとしてレポートされます。

これらの変換処理は、以下の状況においてクライアント や XML Converter ツールから実行されます。  

  • フォーム ビューと Literal ビューを切り替える。
  • 回線を通じて送信するために、 フォーム入力ビューまたは フォーム XML ビューからメッセージを構成する。
  • 受信したメッセージを処理する。
  • XML Converter ツールを実行する。

ISchemaGenerator の実装

与えられたメッセージ形式に対して特定のメッセージ タイプを定義するとき、各メッセージ タイプに対する XML スキーマ を提供する必要があります。ISchemaGenerator はオプションのクラスです。与えられた特定のメッセージ タイプに XML スキーマを提供するメソッドを提供します。このクラスを実装せずに parasoft-extension.xml でこのクラスを参照している場合、代わりにスキーマ ファイルへの参照を提供する必要があります (詳細については、「カスタム メッセージ形式用に parasoft-extension.xml を定義」を参照してください)。

このインターフェイスは、次の引数を取る generateSchema() というメソッドだけを持ちます。

  • IMessageType: スキーマが生成されるべきメッセージ タイプについての情報を提供します。渡された IMessageType のインスタンスは、 parasoft-extension.xml で定義されたメッセージ タイプの ID と名前を含みます。
  • ICustomXMLConverterConfiguration: カスタム メッセージ形式 クライアントの [変換オプション] タブから渡される値へのアクセスを提供します。

generateSchema() は スキーマ ファイルへの参照である URI を返します。動的に生成されたスキーマへの参照、カスタム メッセージ形式拡張を提供する JAR ファイルにあるスキーマへの参照、または SOAtest 外部のリソースへの参照が考えられます。 スキーマの生成にエラーが生じた場合、空の URI が返され、フォーム入力ビューは与えられたメッセージ タイプで適切に反映されません。 

Anchor
definingParasoft
definingParasoft
カスタム メッセージ形式用に parasoft-extension.xml を定義

必要なクラスを実装したら、parasoft-extension.xml を定義します ( 「拡張機能の追加: 基本手順 (SOAtest)」および 「拡張機能の追加: 基本手順 (Virtualize)」を参照)。以下のスキーマを使用します:

Code Block
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<extension xmlns="urn:ocm/parasoft/extensibility-framework/extension"
		type="messageFormat"
		name='the name of your message format, appears in menus' description='A more detailed description'>
    <class>com.myCompany.MyConverter</class> <!-- implements ICustomXMLConverter -->
    <messageFormat xmlns="http://schemas.parasoft.com/extensibility-framework/messageFormat">
		<defaultMimeType>text/plain</defaultMimeType>
		<messageTypes generatorClass="com.myCompany.SchemaGenerator">
		<messageType id='unique ID' name='name' xsd='path to schema in jar'/>
			. . .
		</messageTypes>
		<client icon="myClient.gif" defaultTransport='default transport' /> 
		<responder icon="myResponder.gif" /> 
    </messageFormat>
    <version id='your version ID' updaterClass="com.myCompany.myUpdater"/>    
	<form xmlns="urn:com/parasoft/extensibility-framework/gui">
		<section label="field group 1">
			<field id="key 1" label="field 1"/>
			<field id="key 2" label="field 2"/>
		</section>
		<section label="field group 2">
			<field id="key 3" label="field 3"/>
			. . . 
		</section>
		. . .
    </form> 
</extension>

section 要素の下の field id は、 ICustomXMLConverterConfiguration インスタンスから、さまざまな API メソッドに渡された値を読み出すために使われます。そしてユーザーによって提供された値が、ユーザーの実装に渡されることを許可します。 それらはまた、保存されるときに、レスポンダー デプロイメント記述子ファイルにユーザーが提供する値を維持するために使用されます。GUI に表示される field label はこの XML に基づいて構成されます。セクション レイアウトはプログラムに影響を及ぼしません。エンドユーザーが使用しやすいように、さまざまな GUI フィールドをセクションまたはカテゴリに整理します。 

拡張子の名前とともに、ICustomXMLConverter を実装するクラスの完全修飾クラス名は、クライアントで使用されるメッセージ形式を識別するために使用されます。.tst またじゃ .pva ファイルの保存後に、修飾されたクラス名または拡張の名前を変更すると、クライアントが使用しているメッセージ形式を解決できない結果となります。  

<MessageFormat> 要素

この要素は、この拡張タイプに固有のものです。インポートされるユーザーのカスタム メッセージ形式に、有効かつ正確である必要があります。

  • <defaultMimeType>: ユーザーのメッセージ形式のデフォルト MIME タイプを指定します。MIME タイプは、メッセージが含む情報のタイプを識別するために使用されます。デフォルトの MIME タイプは、メッセージを送信するときにメッセージ ヘッダーで Content Type として使用されます。
  • <messageTypes>: 指定のメッセージ タイプのセットを定義するオプション要素です。messageTypes 要素が提供されない場合、ネイティブ形式と XML 間の特定のメッセージタイプを定義しない一般変換を定義します。このような形式の例としては、 CSV があります。
    • generatorClass - ISchemaGenerator を実装するクラスの完全修飾名を持つオプション属性です。
  • <messageType>: ユーザーのカスタム メッセージ形式のメッセージ タイプを定義します。
    • id - ユーザーのメッセージ タイプの文字列識別子です。ひとつのメッセージ形式中で一意である必要があります。 クライアント/レスポンダーを保存するときにも使用されるので、変更すると保存されたクライアントが使用しているメッセージ タイプを解決できなくなります。

    • name - GUI にユーザーが使用しているメッセージ タイプを表示するのに使用されます。
    • xsd - xsd への URL パスです。この属性はジェネレーター クラスを提供しない場合に必要です。その他の場合は無視されます。

  • <client>: ユーザーのカスタム メッセージ形式のために生成されたカスタム SOAtest クライアントの基本情報を持つオプション要素です
    • icon - カスタム SOAtest クライアントの GUI に表示するアイコンを指定するオプション属性です。これは JAR ファイルまたは SOAtest クラスパス上の Java プロジェクト内に含まれるアイコンへの相対パスです。この値を提供しない場合、 SOAtest はカスタム SOAtest クライアントにデフォルトのツール アイコンを使用します。
    • defaultTransport - クライアントで使用するデフォルト SOAtest トランスポートを指定するオプション属性です。可能な値は次のとおりです:
      • HTTP 1.0 (デフォルト)
      • HTTP 1.1
      • JMS
      • SonicMQ
      • WebSphere MQ
      • RMI
      • SMTP
      • TIBCO
      • .NET WCF HTTP
      • .NET WCF TCP
  • <responder>: ユーザーのカスタム メッセージ形式のために生成されたカスタム Virtualize レスポンダーの基本情報を持つオプション要素です。
    • icon - カスタム Virtualize レスポンダーの GUI に表示するアイコンを指定するオプション属性です。これは JAR ファイルまたは Virtualize クラスパス上の Java プロジェクト内に含まれるアイコンへの相対パスです。提供されない場合、 Virtualize はカスタム Virtualize レスポンダーにデフォルトのツール アイコンを使用します。

新しいメッセージ形式の検証

  1. プロジェクトをビルドし ( 「拡張機能の追加: 基本手順 (Virtualize)」および 「拡張機能の追加: 基本手順 (SOAtest)」を参照) SOAtest または Virtualize を再起動します。Virtualize を再起動します。

  2. [新規追加] > [テスト] または [レスポンダー] を選択して、ユーザーのメッセージ形式の名前を含む新しいクライアント/レスポンダーを .tst または .pva ファイルに追加できることを検証します。

ユーザーの新しいフォーマットは XML Converter のドロップダウン メニューにも表示されます。

ヒント

  • parasoft-extension.xml に定義される GUI フィールドは、カスタム メッセージ形式 client/responder の [変換オプション] タブに表示されます。

  • 拡張 GUI で提供される値は、 名前 - 値の文字列マップとして保存されます。結果として、 parasoft-extension.xml の form 要素内のフィールドを再編しても、ユーザー値の保存方法に影響ありません。しかしながら、ID を変更するとこれに影響します。ID は値の保存やロードに使用されるため、一意である必要があります。ID を変更すると、その前に保存した構成が以前の値をロードせず、値は空白となります。この場合、Version Updater を使用して、古い ID で保存された古い設定を新しい ID のセットへ移行できます。
  • カスタム フォーム GUI では、文字列の GUI フィールドだけがサポートされます。ユーザーの拡張が整数やその他のタイプを必要とする場合、拡張の実装で文字列のコンテンツを任意の型に変換できます。

  • GUI フィールドをパスワード フィールド (入力が隠され、指定したパスワードが安全に保存される) として働かせたい場合、そのフィールド要素に password に設定した type 属性を与えます。たとえば、以下は pwd フィールドをパスワード モードに設定します。

    Code Block
    <form xmlns="urn:com/parasoft/extensibility-framework/gui">
    	<section label="Main Settings">
      		<field id="usr" label="Username"/>
      		<field id="pwd" label="Password" type="password"/>
    	</section> 
    </form>

  • テーブルやリストは、文字列フィールドでカンマ区切りの値として実装できます。

サンプル

SimpleMessage という カスタム メッセージ形式があるとします。 SimpleMessage は、キーと値のペアをスペース区切りで構成しています (例: key1=value1 key2=value2 key3=value3 key4=value4)。

このカスタム フォーマットが SOAtest に追加されると、SOAtest は SimpleMessage と XML を変換できるようになります。たとえば、次のように変換できます: 変換前 

Code Block
key1=value1 key2=value2 key3=value3 key4=value4

変換後:

Code Block
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 
<message xmlns="">
    <body>
		<key1>value1</key1>
		<key2>value2</key2> 
		<key3>value3</key3> 
		<key4>value4</key4>
    </body> 
</message>

このプロジェクトには、2 つのメッセージ タイプが定義されています。 

  • NameSchema: キーと値のペアを 2 つの含みます。キーは FirstName と LastName です。
  • SimpleSchema: 上記の 4 つのキーと値のペアを含みます。

このサンプル カスタム フォーマットを SAOtest に追加するには、 2 通りの方法があります。 Parasoft Marketplace からダウンロードできる Java ソース プロジェクトから追加する方法、またはこのプロジェクトから作成できる JAR ファイルから追加する方法です。

Java ソース プロジェクトからフォーマットを追加

Java ソース プロジェクト からサンプル フォーマットを追加するには、次の操作を行います。

  1. http://marketplace.parasoft.com から SimpleMessage.zip ファイルをダウンロードし、展開します。
  2. 展開したファイルを Java プロジェクトとしてワークスペースにインポートします。

  3. [Parasoft SOAtest] パースペクティブで、 [Parasoft] メニューから [設定] をクリックします。[システム プロパティ] を選択し、[Java プロジェクトの追加] ボタンをクリックします。サンプル Java プロジェクトの場所を指定し、[適用] をクリックします。

     
     
  4. SOAtest を再起動します。

JAR ファイルの作成

提供されている Java ソース プロジェクトから、サンプル ソース コードをレビューできます。JAR ファイルは一般的にカスタム フォーマットをチーム内に共有する簡単な方法です。 

このサンプル Java プロジェクトを JAR ファイルに変換するには、次の操作を行います。

  1. [Java] パースペクティブで、Java プロジェクトを右クリックし、[エクスポート] を選択します。
  2. [Java] > [JAR file] を選択し、[次へ] をクリックします。



  3. JAR ファイルを作成する場所を指定し、[終了] をクリックします。

     

JAR ファイルからフォーマットを追加する

他のチーム メンバーが JAR ファイルからカスタム フォーマットを追加できるようになりました。 (Java プロジェクトからではありません。上記のように、すでに Java プロジェクトからフォーマットを追加している場合は、これらのステップを踏む必要はありません)

  1. [Parasoft SOAtest] パースペクティブで、[Parasoft] メニューから [設定] をクリックします。[システム プロパティ] を選択し、[JAR の追加] をクリックします。サンプル JAR ファイルの場所を指定し、[適用] をクリックします。

     
     
  2. SOAtest を再起動します。

SOAtest のツールでカスタム フォーマットを使用する

SOAtest にサンプルが追加されたら、 SimpleMessage Client ツールを作成し、XML Convertor ツールでフォーマットを使用できます。 






SimpleMessage Client では、いずれかのメッセージ タイプを使用するか、Literal モードで独自のキーと値のペアを入力できます。