Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from this space and version SVC2021.1
Sv translation
languageen

In this section:

Table of Contents
maxLevel1

Overview

SQL data sets are added to TDA when SQL responders are created from database recordings 

Conditional Content
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
sv-attr:0A010204015A9054C88481D043445E2F0A010204015CF6008A11EEF43AC91334 0A010204015A9054C886C0AC137B8C01 0A010204015A9054C88802B9600247DF

. (see Creating SQL Responders from a Database Recording)

. SQL data sets are made up of one or more SQL templates, which are parameterized SQL statements that represent a set of data. You can review and interact with the data so that it can be used across testing scenarios. 

Conditional Content
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
sv-attr:0A010204015A9054C88481D043445E2F0A010204015CF6008A11EEF43AC91334 0A010204015A9054C886C0AC137B8C01 0A010204015A9054C88802B9600247DF

Important Concepts and Terminology

See About the Data Repository for definitions of terms used in this section.

Excerpt

Main Toolbar

The main application toolbar contains functionality associated with the data repository, but additional functionality may appear in the toolbar depending on the current view. 

Image Added

You can perform the following actions in the main toolbar.

  • Click the Export button to export the repository. This action creates a copy of the data repository that you can download from the main page of the Data tab. See Creating and Managing Repositories.
  • Click the Lock button to prevent changes by other users to the repository. See Locking and Unlocking Repositories in CTP.
  • Click the Refresh button to load any changes TDA may have collected from a connected application.
  • Click the Data Set button to add a new data set to the repository. You can only add simple and hierarchical data sets–this functionality is not currently supported for SQL data sets. 
  • Click the Delete button to delete the selected repository. See Creating and Managing Repositories.

Data Repository View

Click on a repository in the Data tab to open the data repository view. SQL data sets appear in the SQL Data Sets column. 

Image Added

You can perform the following actions in the data repository view.

Downloading a Data Set

You can download the data set as a JSON file.

  1. Choose Download from the ellipses menu and specify an encoding option (default is UTF-8).
    Image Added 
  2. Click Download.

Deleting a Data Set

Choose Delete from the ellipses menu and confirm that you want to remove the data set when prompted. If the data set contains record types that do not reference or are not referenced by another component, you can enable the Delete orphaned record types option to ensure that the data set is completely removed.

Image Added

Opening the SQL Template View

Click on a data set in the SQL Data Sets column to open the SQL Template View.

SQL Template View

A SQL template is a parameterized query for retrieving data from the database. It represents one or more SQL statements that point to the data. Click on a SQL data set to view the templates that were used to query the SQL database.

Image Added

You can perform the following actions.

Editing the JDBC URL

The SQL template view shows the JDBC URL for the first row in the table. If your application under test uses multiple databases, you can edit the JDBC URL to point to another database.

  1. Click the edit icon in the the SQL template list page.
     Image Added
  2. Specify the new URL when prompted and click Save.
    Image Added

Using the Data Sets Toolbar

Image Added

  • Click the refresh button to load any changes to the SQL template.
  • You can download the data set as a JSON file
    1. Click the download icon and specify an encoding option (default is UTF-8). 
    2. Click Download to proceed. 
  • Click the trash icon in the SQL Data Set toolbar and confirm that you want to delete the data set when prompted. If the data set contains record types that do not reference or are not referenced by another component, you can enable the Delete orphaned record types option to ensure that the data set is completely removed.

Adding SQL Templates

You can add, edit, and move SQL templates in the data set.

  1. Click the + button to add a new template.

    Image Added

  2. Define your SQL template in the editor and click Save
    Image Added 

You can not create a template that queries specific values. Any specific values you add will automatically be converted to parameterized values when you save the template.

An error icon will appear if your template references missing parameters. Mouse over the icon to view an error message.

Image Added

You can add the missing parameters or edit the template to fix the problem. See Adding and Modifying Parameters for instructions on specifying parameters for the template. 

Editing SQL Templates

Click the ellipsis menu to access the editing functions.

Image Added

  • Choose Edit to change the SQL template. You can not create a template that queries specific values. Any specific values you add will automatically be converted to parameterized values when you save the template. An error icon will appear if your template references parameters that do not exist (see Adding SQL Templates). 
  • Click Move and specify a destination row number when prompted. Specifying a number greater than the number of rows places the template at the end of the data set.
    Image Added
  • Click Delete to remove the template from the data set.

Opening the SQL Parameters View

Click on a SQL template to access the SQL Parameters View.

SQL Parameters View

A SQL parameter is an identifier for a type of data in the SQL database. Parameters hold result sets that contain the data. The SQL parameters appear as columns in the template table. A SQL parameter is an identifier for a type of data in the SQL database.

A template may contain several rows of parameters. The following template contains rows for the "name" parameter matching "Account" and "Transaction." The third column in the table, "Additional Response Delay (ms)," is a SQL responder configuration that allows you to adjust database response times

Conditional Content
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
sv-attr:0A010204015A9054C88481D043445E2F0A010204015CF6008A11EEF43AC91334 0A010204015A9054C886C0AC137B8C01 0A010204015A9054C88802B9600247DF

. (see Modifying Response Times)

.  

Image Added

You can perform the following actions.

Adding SQL Parameters

  1. Click on a template and click the ellipses menu.
    Image Added
  2. Click Add Parameter Column and specify a parameter when prompted.
    Image Added
    By default, new result sets an initial value of [*], which is a wildcard that matches any parameter value in the database, but you can specify your own initial value.
  3. Click Confirm.

If you add a parameter column that does not appear in the template, you will see an error icon next to the template, as well as an error icon at the missing parameter column. Mouse over either icon for additional information.

Image Added

Adding a Row of Parameter Values

A row in a SQL template represents a set of parameter values that can be called based on the SQL template.

  1. Click on a template and click the ellipsis menu for the parameter.
  2. Anchor
    add-first-last-parameter-row
    add-first-last-parameter-row
    Click Add New First Row or Add New Last Row to add a new row. 
    Image Added
  3. Click the ellipses menu in the new parameter to add additional parameter rows directly after the currently selected row.
    Image Added
    You can also add new first or last rows by repeating step 2.

Modify Parameter Values

Click the edit icon to and change the value in the Row # column to move the parameter, as well as change the Additional Response Delay 

Conditional Content
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
sv-attr:0A010204015A9054C88481D043445E2F0A010204015CF6008A11EEF43AC91334 0A010204015A9054C886C0AC137B8C01 0A010204015A9054C88802B9600247DF

. (also see Modifying Response Times)

. When specifying a value for a SQL parameter, you can use the [*] wildcard to match any value for the parameter in the database.
Image Added
The edit button becomes a save button and the ellipsis menu icon becomes a cancel button in edit mode. 

Viewing SQL Result Sets View

You can expand rows in the template to view the result sets associated with the SQL query.  

Image Added

You can also edit the SQL template clicking the edit button when the template is expanded.
Image Added

Adding and Modifying Result Sets

Expand a parameter to view the result sets. New SQL templates will not have a result set.

Adding and Deleting Rows and Columns 

  1. Click the ellipsis menu and choose Add New First Row or Add New Last Row to add rows or Add Result Set Column to add columns for data.
    Image Added
    If you are adding a new column, specify a name for the column when prompted. By default, new result sets an initial value of [null], but you can specify a different value.  
    Image Added
  2. Click Confirm.
  3. Click the ellipses menu in the new row and click Add Row to add additional rows for data directly after the currently selected row or Delete to remove the row.
    Image Added
  4. Click the edit button and specify a new row number or to modify a value in a result set column.
    Image Added
    The edit button becomes a save button and the ellipsis menu icon becomes a cancel button in edit mode. 

Downloading Results Set Data

You can download SQL result sets in CSV format. This enables you to save a local copy of the results, make any modifications, and re-upload the changed data.

  1. Click the download icon.
    Image Added
  2. Choose your file options when prompted. By default, the downloader encodes characters in UTF-8, but you can click in the Encoding field to choose a different encoding option. 
    Image Added
  3. Click Download. The CSV file will be saved to your downloads folder prepended with the name of the SQL data set.

Uploading Results Set Data

  1. Click the upload icon and browse for the CSV file containing the results set data you want to upload and set your file options. Character encoding, separator character, and quotation mark character are set to common values by default. If your file has a different encoding or uses different separator and quotation mark characters, click in the respective fields and set them to the correct values.  Enable the Trim spaces option to remove extraneous spaces from the data.
    Image Added
  2. Click Confirm when ready. The current results set data will be overwritten by the contents of the uploaded CSV file.

Viewing the SQL Data Model

If your license includes the data modeling functionality, you can click the Models tab for a visual representation of the data. See SQL Data Sets.

Sv translation
languageja

このセクションの内容:

Table of Contents
maxLevel1

概要

データベースのレコーディングから SQL レスポンダーを作成すると、TDA に SQL データ セットが追加されます

Conditional Content
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
sv-attr:0A010204015A9054C88481D043445E2F0A010204015CF6008A11EEF43AC91334 0A010204015A9054C886C0AC137B8C01 0A010204015A9054C88802B9600247DF
(「Creating SQL Responders from a Database Recording」を参照)

。SQL データ セットは、1 つまたはそれ以上の SQL テンプレートで構成されます。SQL テンプレートは、データのセットを表すパラメータ化された SQL ステートメントです。複数のテスト シナリオでデータを使用できるよう、データを確認して操作することができます。 


Conditional Content
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
sv-attr:0A010204015A9054C88481D043445E2F0A010204015CF6008A11EEF43AC91334 0A010204015A9054C886C0AC137B8C01 0A010204015A9054C88802B9600247DF

重要な概念および用語

このセクションで使用される用語の定義については「About the Data Repositoryを参照してください。

Excerpt

メイン ツールバー

メイン ツールバーには、Data Repository に関連する機能があるほか、現在のビューに応じて追加の機能が表示されます。 

Image Added

メイン ツールバーでは、以下のアクションを実行できます。

  • リポジトリをエクスポートするには、[エクスポート] ボタンをクリックします。このアクションは、Data Repository のコピーを作成します。このコピーは [データ] タブのメイン ページからダウンロードできます。「Creating and Managing Repositories」を参照してください。
  • 他のユーザーがリポジトリを変更するのを防ぐには、[ロック] ボタンをクリックします。「Locking and Unlocking Repositories in CTP」を参照してください。
  • 接続されたアプリケーションから TDA が収集した変更をロードするには、[リフレッシュ] ボタンをクリックします。
  • リポジトリに新規データ セットを追加するには、[データ セット] ボタンをクリックします。追加できるのは単純型および階層型のデータ セットだけです。この機能は、現時点では SQL データ セットをサポートしていません。 
  • 選択されたリポジトリを削除するには、[削除] ボタンをクリックします。「Creating and Managing Repositories」を参照してください。

Data Repository ビュー

[データ] タブでリポジトリをクリックすると、Data Repository ビューが開きます。SQL データ セット列に SQL データ セットが表示されます。 

Image Added

Data Repository ビューでは、以下のアクションを実行できます。

データ セットのダウンロード

データ セットを JSON ファイルとしてダウンロードできます。

  1. 省略記号メニューの [ダウンロード] をクリックし、エンコーディング オプションを指定します (デフォルトは UTF-8 です)。
    Image Added 
  2. [ダウンロード] をクリックします。

データ セットの削除

省略記号メニューの [削除] をクリックし、確認ダイアログが表示されたら、データ セットの削除を確定します。他のコンポーネントを参照しておらず、他のコンポーネントから参照もされていないレコード タイプがデータ セットに含まれている場合、[孤立したレコード タイプを削除] オプションをオンにすると、該当するデータ セットが完全に削除されます。

Image Added

SQL テンプレート ビューを開く

SQL データ セット列のデータ セットをクリックすると、SQL テンプレート ビューが開きます。

SQL テンプレート ビュー

SQL テンプレートとは、データベースからデータを取得するためのパラメーター化されたクエリーです。SQL テンプレートは、データを指し示す 1 つまたはそれ以上の SQL ステートメントを表します。 SQL データベースのクエリーに使用されるテンプレートを参照するには、SQL データ セットをクリックします。

Image Added

以下のアクションを行うことができます。

JDBC URL の編集

SQL テンプレート ビューは、最初の行の JDBC URL をテーブルに表示します。テスト対象アプリケーションが複数のデータベースを使用している場合、別のデータベースを指すように JDBC URL を編集できます。

  1. SQL テンプレート リスト ページの編集アイコンをクリックします。
     Image Added
  2. 新しい URL を指定し、[保存] をクリックします。
    Image Added

データ セット ツールバーの使用

Image Added

  • リフレッシュ ボタンをクリックすると、変更が SQL テンプレートにロードされます。
  • データ セットを JSON ファイルとしてダウンロードできます。
    1. ダウンロード アイコンをクリックし、エンコーディング オプションを指定します (デフォルトは UTF-8 です)。 
    2. [ダウンロード] をクリックして続行します。 
  • SQL データ セット ツールバーのゴミ箱のアイコンをクリックし、確認ダイアログが表示されたらデータ セットの削除を確定します。他のコンポーネントを参照しておらず、他のコンポーネントから参照もされていないレコード タイプがデータ セットに含まれている場合、[孤立したレコード タイプを削除] オプションをオンにすると、該当するデータ セットが完全に削除されます。

SQL テンプレートの追加

データ セット内の SQL テンプレートを追加、編集、削除できます。

  1. 新規テンプレートを追加するには、[+] ボタンをクリックします。

    Image Added

  2. SQL テンプレートを定義し、[保存] をクリックします。 
    Image Added 

特定の値をクエリーするテンプレートは作成できません。追加した特定の値は、テンプレートを保存すると、パラメータ化された値に自動的に変換されます。

テンプレートが参照しているパラメーターが存在しない場合、エラー アイコンが表示されます。アイコンにマウスを乗せると、エラー メッセージが表示されます。

Image Added

不足しているパラメーターを追加するか、テンプレートを編集して問題を修正します。テンプレートのパラメーターの指定手順については、「Adding and Modifying Parameters」を参照してください。 

SQL テンプレートの編集

編集機能を利用するには、省略記号メニューをクリックします。

Image Added

  • SQL テンプレートを変更するには、[編集] をクリックします。特定の値をクエリーするテンプレートは作成できません。追加した特定の値は、テンプレートを保存すると、パラメータ化された値に自動的に変換されます。テンプレートが参照しているパラメーターが存在しない場合、エラー アイコンが表示されます (「SQL テンプレートの追加」 を参照)。 
  • [移動] をクリックして目的の行番号を指定します。行数よりも大きい数値を指定すると、テンプレートがデータ セットの最後に位置づけられます。
    Image Added
  • データ セットからテンプレートを削除するには、[削除] をクリックします。

SQL パラメーター ビューを開く

SQL パラメーター ビューを表示するには、SQL テンプレートをクリックします。

SQL パラメーター ビュー

SQL パラメーターとは、SQL データベース内のデータのタイプに対する識別しです。パラメーターは、データを含む結果セットを保持します。SQL パラメーターは、テンプレート テーブルの行として表示されます。SQL パラメーターとは、SQL データベース内のデータのタイプに対する識別しです。

1 つのテンプレートに複数のパラメーター行を含めることができます。次のテンプレートには、「name」パラメーターが「Account」に一致する行と「Transaction」に一致する行が含まれています。テーブルの 3 番目の列 [Additional Response Delay (ms)] は、データベースの応答時間を調整するための SQL レスポンダー設定です

Conditional Content
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
sv-attr:0A010204015A9054C88481D043445E2F0A010204015CF6008A11EEF43AC91334 0A010204015A9054C886C0AC137B8C01 0A010204015A9054C88802B9600247DF
(「Modifying Response Times」を参照)

。  

Image Added

以下のアクションを行うことができます。

SQL パラメーターの追加

  1. テンプレートをクリックして省略記号メニューをクリックします。
    Image Added
  2. [パラメーター列の追加] をクリックし、パラメーターを指定します。
    Image Added
    デフォルトでは、新規結果セットの初期値は  [*]です。これはデータベースの任意のパラメーター値に一致するワイルドカードですが、独自の初期値を指定することもできます。
  3. [確認] をクリックします。

テンプレートにないパラメーター列を追加した場合、テンプレートの隣にエラー アイコンが表示されるほか、存在しないパラメーター列にもエラー アイコンが表示されます。

Image Added

どちらかのエラー アイコンにカーソルを位置づけると、詳細情報が表示されます。

パラメーター値の行の追加

SQL テンプレートの行は、SQL テンプレートに基づいて呼び出すことのできるパラメーター値のセットを表します。

  1. パラメーターを操作するには、テンプレートをクリックして省略記号メニューをクリックします。
  2. Anchor
    add-first-last-parameter-row
    add-first-last-parameter-row
    新規行を追加するには、[新規行を先頭に追加] または [新規行を末尾に追加] をクリックします。 
    Image Added
  3. 現在選択されている行の直後にパラメーター行を追加するには、新規パラメーターの省略記号メニューをクリックします。
    Image Added
    ステップ 2 を繰り返して先頭または末尾に行を追加することもできます。

パラメーター値の変更

編集アイコンをクリックし、[Row #] 列の値を変更してパラメーターを移動したり、[追加遅延時間] 値を変更したりできます

Conditional Content
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
sv-attr:0A010204015A9054C88481D043445E2F0A010204015CF6008A11EEF43AC91334 0A010204015A9054C886C0AC137B8C01 0A010204015A9054C88802B9600247DF
(「Modifying Response Times」も参照)

。SQL パラメーターの値でワイルドカード  [*] を使用すると、データベースの任意の値と一致させることができます。
Image Added
編集モードでは、編集ボタンが保存ボタンに変わり、省略記号アイコンがキャンセル ボタンになります。 

結果セット ビューの表示

テンプレートの行を展開すると、SQL クエリーに関連する結果セットを参照できます。  

Image Added

また、テンプレートが展開されているときに編集ボタンをクリックすると、SQL テンプレートを編集できます。
Image Added

結果セットの追加と変更

パラメーターを展開して結果セットを参照します。新規 SQL テンプレートには結果セットがありません。

行と列の追加と削除 

  1. 行を追加するには、省略記号メニューをクリックして [新規行を先頭に追加] または [新規行を末尾に追加] をクリックします。列を追加するには、省略記号メニューをクリックして [結果セット列の追加] をクリックします。
    Image Added
    列を追加する場合、列の名前を指定します。デフォルトでは、新規結果セットの初期値は [null] ですが、別の値を指定することもできます。  
    Image Added
  2. [確認] をクリックします。
  3. 現在選択されている行の直後にデータ行を追加するには、新規行の省略記号メニューをクリックし、[行の追加] をクリックします。行を削除するには [削除] をクリックします。
    Image Added
  4. 編集アイコンをクリックし、新しい行番号を指定したり、結果セット列の値を変更したりできます。
    Image Added
    編集モードでは、編集ボタンが保存ボタンに変わり、省略記号アイコンがキャンセル ボタンになります。 

結果セット データのダウンロード

SQL 結果セットを CSV フォーマットでダウンロードできます。これにより、結果のローカル コピーを保存し、任意の編集を加えてから変更済みのデータを再度アップロードできます。

  1. 省略記号のアイコンをクリックして [CSV のダウンロード] をクリックします。
    Image Added
  2. オプションを指定します。デフォルトでは、ダウンローダーは文字を UTF-8 でエンコーディングしますが、[エンコーディング] フィールドをクリックして別のエンコーディング オプションを選択することもできます。 
    Image Added
  3. [ダウンロード] をクリックします。ダウンロード フォルダーに SQL データ セット名の接頭辞がついた CSV ファイルが保存されます。

結果セット データのアップロード

  1. 省略記号のアイコンをクリックして [CSV のアップロード] をクリックします。
  2. アップロードする結果セット データを格納した CSV ファイルを参照し、ファイル オプションを設定します。デフォルトでは、文字エンコーディング、区切り文字、引用符文字は一般的な値に設定されています。他のエンコーディング、区切り文字、引用符を使用する場合、該当するフィールドをクリックし、適切な値を設定します。  [空白を除去] オプションを有効にすると、データから余分なスペースが削除されます。
    Image Added
  3. 準備ができたら、[確認] をクリックします。現在の結果セット データが、アップロードされた CSV ファイルのコンテンツで上書きされます。

SQL データ モデルの参照

ライセンスに data modeling 機能が含まれている場合、[モデル] タブをクリックしてデータを視覚的に表示できます。「SQL データ セット」を参照してください。

Sv translation
languagezh

在本章节中:

Table of Contents
maxLevel1

概要

当从数据库记录创建 SQL 响应程序时,SQL 数据集被添加到 TDA 

Conditional Content
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
sv-attr:0A010204015A9054C88481D043445E2F0A010204015CF6008A11EEF43AC91334 0A010204015A9054C886C0AC137B8C01 0A010204015A9054C88802B9600247DF

。(请查阅 Creating SQL Responders from a Database Recording

。SQL 数据集由一个或多个 SQL 模板组成,这些模板是表示一组数据的参数化 SQL 语句。您可以查看数据并与数据交互,以便在测试场景中使用数据。 

Conditional Content
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
sv-attr:0A010204015A9054C88481D043445E2F0A010204015CF6008A11EEF43AC91334 0A010204015A9054C886C0AC137B8C01 0A010204015A9054C88802B9600247DF

重要概念及术语

有关本节所用术语的定义,请查阅 About the Data Repository 。

Excerpt

主工具栏

主应用程序工具栏包含与数据存储库关联的功能,但根据当前视图,工具栏中可能出现其他功能。 

Image Added

您可以在主工具栏中执行以下操作。

  • 单击 Export 按钮,导出资源库。此操作创建数据存储库的副本,您可以从 Data 选项卡的主页下载该副本。请查阅 Creating and Managing Repositories
  • 单击 Lock 按钮,以防止其他用户更改存储库。请查阅 Locking and Unlocking Repositories in CTP
  • 单击 Refresh 按钮加载从已连接的应用程序收集的任何更改。
  • 单击 Data Set 按钮向存储库添加新数据集。您只能添加简单的层次化数据集,SQL 数据集目前不支持此功能。 
  • 单击 Delete 按钮,删除所选资源库。请查阅 Creating and Managing Repositories

数据资源库视图

单击 Data 选项卡中的资源库,打开数据资源库视图。SQL 数据集出现在 SQL 数据集列中。 

Image Added

您可以在数据资源库视图中执行以下操作。

下载数据集

您可以将数据集下载为 JSON 文件。

  1. 从省略号菜单中选择 Download 并指定一个编码选项(默认为 UTF-8)。
    Image Added 
  2. 单击 Download

删除数据集

从省略号菜单中选择 Delete ,并确认在提示时要删除数据集。如果数据集包含不引用或其他组件不引用的记录类型,则可以启用 Delete orphaned record types 选项,以确保完全删除数据集。

Image Added

打开 SQL 模板视图

单击 SQL 数据集列中的数据集,打开 SQL Template View

SQL 模板视图

SQL 模板是用于从数据库检索数据的参数化查询。它表示一个或多个指向数据的 SQL 语句。单击 SQL 数据集,查看用于查询 SQL 数据库的模板。

Image Added

您可以执行以下操作。

编辑 JDBC URL

SQL 模板视图显示了表中第一行的 JDBC URL。如果您的测试应用程序使用多个数据库,则可以编辑 JDBC URL 来指向另一个数据库。

  1. 单击 SQL 模板列表页面中的编辑图标。
     Image Added
  2. 在提示时指定新的 URL,并单击 Save
    Image Added

使用数据集工具栏

Image Added

  • 单击刷新按钮加载对 SQL 模板的任何更改。
  • 您可以将数据集下载为 JSON 文件
    1. 单击下载图标并指定一个编码选项(默认为 UTF-8)。 
    2. 单击 Download 继续。 
  • 单击 SQL 数据集工具栏中的垃圾桶图标,并确认在提示时要删除数据集。如果数据集包含不引用或其他组件不引用的记录类型,则可以启用 Delete orphaned record types 选项,以确保完全删除数据集。

添加 SQL 模板

您可以在数据集中添加、编辑和移动 SQL 模板。

  1. 单击 + 按钮添加新的模板。

    Image Added

  2. 在编辑器中定义您的 SQL 模板,然后单击 Save。 
    Image Added 

不能创建查询特定值的模板。保存模板时,您添加的任何特定值都将自动转换为参数化值。

如果模板引用了丢失的参数,将会出现一个错误图标。将鼠标移到图标上以查看错误消息。

Image Added

您可以添加缺少的参数或编辑模板来修复问题。有关为模板指定参数的说明,请查阅 Adding and Modifying Parameters 。 

编辑 SQL 模板

单击省略号菜单访问编辑功能。

Image Added

  • 选择 Edit 以更改 SQL 模板。不能创建查询特定值的模板。保存模板时,您添加的任何特定值都将自动转换为参数化值。如果模板引用不存在的参数,则会出现错误图标(请查阅 Adding SQL Templates)。 
  • 单击 Move 并在提示时指定目标行号。指定一个大于行数的数字将模板放在数据集的末尾。
    Image Added
  • 单击 Delete 以从数据集中删除模板。

打开 SQL 参数视图

单击 SQL 模板,访问 SQL Parameters View

SQL 参数视图

SQL 参数是 SQL 数据库中数据类型的标识符。参数保存包含数据的结果集。SQL 参数作为列出现在模板表中。SQL 参数是 SQL 数据库中数据类型的标识符。

模板可以包含几行参数。面的模板包含匹配“Account”和“Transaction”的“name”参数行。表中的第三列"Additional Response Delay (ms),”是一个 SQL 响应程序配置,允许您调整数据库响应时间。

Conditional Content
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
sv-attr:0A010204015A9054C88481D043445E2F0A010204015CF6008A11EEF43AC91334 0A010204015A9054C886C0AC137B8C01 0A010204015A9054C88802B9600247DF

。(请查阅 Modifying Response Times

。  

Image Added

您可以执行以下操作。

添加 SQL 参数

  1. 单击模板并单击省略号菜单。
    Image Added
  2. 单击 Add Parameter Column 并在提示时指定参数。
    Image Added
    默认情况下,新结果设置一个初值 [*](一个通配符),与数据库中的任何参数值匹配,但是您可以指定自己的初值。
  3. 单击 Confirm

如果添加一个不在模板中出现的参数列,则将在模板旁边看到一个错误图标,以及在缺失的参数列上看到一个错误图标。

Image Added

将鼠标移到其中一个图标上以获取更多信息。

添加一行参数值

SQL 模板中的一行表示一组可以基于 SQL 模板调用的参数值。

  1. 单击模板并单击参数的省略号菜单。
  2. Anchor
    add-first-last-parameter-row
    add-first-last-parameter-row
    单击 Add New First Row 或 Add New Last Row 以添加新的一行。 
    Image Added
  3. 单击新参数中的省略号菜单,可以在当前选择的行之后直接添加其他参数行。
    Image Added
    还可以通过重复 step 2添加新的第一行或最后一行。

修改参数值

单击编辑图标并更改行 # 列中的值以移动参数,并更改附加的响应延迟 

Conditional Content
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
Product: (SOAVirt, SOAtest, Virtualize)
sv-attr:0A010204015A9054C88481D043445E2F0A010204015CF6008A11EEF43AC91334 0A010204015A9054C886C0AC137B8C01 0A010204015A9054C88802B9600247DF

。(同时请查阅 Modifying Response Times

。在为 SQL 参数指定值时,可以使用 [*] 通配符匹配数据库中该参数的任何值。
Image Added
编辑按钮变成保存按钮,省略号菜单图标变成编辑模式下的取消按钮。 

查看 SQL 结果集视图

您可以在模板中展开行,以查看与 SQL 查询关联的结果集。  

Image Added

还可以在展开模板时单击编辑按钮,编辑 SQL 模板。
Image Added

添加和修改结果集

展开参数以查看结果集。新的 SQL 模板将没有结果集。

添加和删除行和列 

  1. 单击省略号菜单并选择 Add New First RowAdd New Last Row 以添加数据行或 Add Result Set Column 以添加数据列
    Image Added
    如果要添加新列,请在提示时指定列的名称。默认情况下,新结果将初始值设置为 [null],但是您可以指定一个不同的值。  
    Image Added
  2. 单击 Confirm
  3. 单击新行中的省略号菜单并单击 Add Row 以在当前选定的行或之后直接为数据添加附加行,或单击 Delete 已删除行。
    Image Added
  4. 单击编辑按钮并指定新的行号,或者修改结果集中列中的值。
    Image Added
    编辑按钮变成保存按钮,省略号菜单图标变成编辑模式下的取消按钮。 

下载结果集数据

您可以下载 CSV 格式的 SQL 结果集。这使您能够保存结果的本地副本,进行任何修改,并重新上载更改后的数据。

  1. 单击省略号菜单,然后选择 下载 CSV
    Image Added
  2. 当提示时选择您的文件选项。默认情况下,下载器用 UTF-8 编码字符,但是您可以在 Encoding 字段中单击以选择不同的编码选项。 
    Image Added
  3. 单击 Download。CSV 文件将保存到以 SQL 数据集名称开头的下载文件夹中。

上传结果集数据

  1. 单击省略号菜单,然后选择 上传 CSV
  2. 浏览包含要上传的结果集数据的 CSV 文件,并设置文件选项。默认情况下,将字符编码、分隔符和引号字符设置为公共值。如果您的文件具有不同的编码或使用不同的分隔符和引号字符,请单击相应字段并将它们设置为正确的值。  启用 Trim spaces 选项,从数据中删除无关空格。
    Image Added
  3. 准备好后单击 Confirm 。上传 CSV 文件的内容将覆盖当前结果集数据。

查看 SQL 数据模型

如果您的许可包含数据建模功能,则可以单击 Models 选项卡以获得数据的可视化表示。查阅 SQL Data Sets